悲願へ! 川崎FのMF中村憲剛「良い試合より勝つ試合を」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽川崎フロンターレは3日、2017 JリーグYBCルヴァンカップ決勝のセレッソ大阪戦に向け、会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習終了後、川崎FのMF中村憲剛がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「良い試合というよりも勝つ試合を」し、初のタイトル獲得という悲願成就を狙った。

◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)

――チームの雰囲気について

「明日の試合を戦うために良い準備ができた」

――精神面やプレーで意識することとは

「一発勝負なので、立ち上がりはすごく大事になる。気合が入りすぎてもダメだし、テンションが高すぎてもダメ。そこは各々が良い準備をして、チームが勝つという方向性だけ合わせていきたい。戦い方のところは相手もあることなので、あまり多く言えない」

――セレッソ大阪という相手について

「タレントも豊富だし、代表選手もいる。そういう選手たちにハードワークも合わさっていて、非常に攻守がしっかりしたチームになっている。でも、相手に不足はない」

――初タイトルが懸かっているが

「そういう風に言われるのはわかっていて、それを言うのは周り。そのとき、そのときに、必死になって勝ちにいってまだ勝ち取れていない。それは自分自身でもよく理解している。ただ、それを払拭するチャンスだと思っているので、みんなを信じて、自分を信じて、明日の試合でやり切るだけ」

――明日の試合へ意気込みを

「ここで勝つために1年間やってきたので、良い試合というよりも勝つ試合をしたい」