クラブ初タイトル獲得で歴史に名を! C大阪のMF木本恭生が意気込む《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽セレッソ大阪は3日、2017 JリーグYBCルヴァンカップ決勝の川崎フロンターレ戦に向け、会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習終了後、C大阪のMF木本恭生がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。準決勝第2戦でガンバ大阪を相手に劇的ゴールを決めてチームの決勝進出に貢献した木本は、「クラブの初タイトルという歴史に名を刻めることは光栄なことなので、それをしっかり成し遂げたい」と意気込んだ。

◆MF木本恭生(セレッソ大阪)

――自身にとって優勝する意味とは

「勝てば自分の自信になる。その経験があることで、これから成長することがでいると思う」

――クラブにとって初のタイトルが懸かった試合だが

「自分は在籍2年目。クラブの初タイトルという歴史に名を刻めることは光栄なことなので、それをしっかり成し遂げたい」

――ガンバ大阪との準決勝第2戦の劇的ゴールで環境に変化は

「メディアさんに取り上げてもらうことが増えた。あのゴールで自分のことを注目してくれるようになった。サッカー選手として、名前を出してもらったり、注目してもらえるのは嬉しい」

――決勝戦でもゴールを狙うか

「得点は狙っていない。僕は守備の選手。まずは無失点に抑えることを大事にしたい」