寒さに強い犬種について

寒さに強い犬は、寒い地域原産の犬種がほとんどです。まずは、具体的にどのような犬が寒さに強い犬種なのか、名前をあげてご紹介します。

シベリアンハスキーサモエドゴールデンレトリーバーラブラドールレトリーバーコーギー柴犬秋田犬日本スピッツなど

シベリアンハスキー

シベリアンハスキーは、極寒のシベリア地方でそりをひいていた犬が原産の大型犬で、寒さに強い犬種の代表的存在です。ダブルコートの厚い被毛で、少々の寒さも平気です。

アラスカでも、犬ぞりレースのそりをひく犬として活躍し、1925年のアラスカでジフテリアが大流行した時には、シベリアンハスキーの犬ぞりが500キロメートル以上の距離を走ってジフテリアの血清と薬を届けたといいます。

サモエド

別名をシベリアン・スピッツと呼ばれる、ロシア原産の大きめの中型犬で、サモエドも寒さに強い犬種です。

遊牧民のサモエド族と一緒に暮してきたサモエドは、そりをひいたり、トナカイの番犬をしたりしていました。南極など極寒の地域に行った探検隊も、寒さに強い犬種のため、サモエドを作業犬として探検に連れて行ったそうです。

ゴールデンレトリーバー

イギリス原産の大型の犬種、ゴールデンレトリーバーは、被毛がダブルコートで寒さに強い犬です。盲導犬や介助犬として訓練され、寒い冬も活躍している犬です。

ラブラドールレトリーバー

カナダ原産の大型の犬種で、元々は漁師の手伝いをしていた犬種からうまれました。被毛が厚いだけでなく、防水性にもすぐれた犬種で寒さに強い犬です。

コーギー

イギリスのウェールズ地方原産で、牧畜犬として繁殖されていた犬種です。被毛はダブルコートで寒さに強い犬です。

柴犬

日本原産の犬は、日本の気候風土に慣れ親しんでいるので、もちろん日本の冬の寒さに強い犬種です。日本の冬の寒さだけでなく、夏の暑さにも耐えられる飼いやすい犬種です。

秋田犬

秋田地方の漁師のマタギ犬を祖先とする日本原産の犬です。東北地方の寒さに耐えられる寒さに強い犬種です。柴犬同様、日本産の犬は抜け毛が意外と多いので、しっかりとブラッシングをしてあげましょう。

日本スピッツ

こちらも日本原産の犬種ですので、日本の寒さに耐えられる寒さに強い犬種です。真っ白な長毛に覆われ、寒い冬も平気です。

寒さに強い犬の秘密は被毛の構造

寒さに強い犬は、ダブルコート(二重毛)春から夏にかけて抜け毛が多くなる

寒さに強い犬に共通していることは、被毛の構造です。犬の被毛の構造には、ダブルコート(二重毛)とシングルコート(単毛)の二種類があります。

ダブルコート(二重毛)は、固くて太いオーバーコート(上毛)があり、その内側に柔らかなアンダーコート(下毛)がある構造です。

一方で、アンダーコートがわずかしかないのが、シングルコート(単毛)です。

アンダーコートは防寒の役目を果たすので、寒さに強い犬種は皆ダブルコートです。冬になると、このアンダーコートが発達し、厳しい寒さにも耐える体になります。

アンダーコートは犬を寒さから守る役割をしている大切な被毛ですが、春から夏にかけての季節には、夏の暑さに対応するためにアンダーコートがごっそりと抜け落ちます。

そのため、この時期、寒さに強い犬の被毛の手入れは、シングルコートの犬に比べて少し大変です。ブラッシングをしっかりしてあげましょう。

寒さに強い犬は比較的大きい犬種

体が大きいと体温が変化しにくい寒さに強い犬でも氷点下の屋外は厳しい

寒さに強い犬の特徴は、被毛の構造だけでなく、体の大きさにも特徴があります。小型犬種に比べ、中・大型犬種の方が比較的寒さに強い犬であるようです。

これは、体が小さいと体積に比べ表面積が大きくなり、体表から体温が奪われやすくなるのに対し、体が大きいと体積に比べた表面積が小さくなり外の気温が変化しても体温が変化しにくいためです。

寒い地方の動物に、比較的大型のものが多いのも同じ理由です。逆に小型犬種とシングルコートの犬は冬の寒さ対策をしっかりとしてあげる必要があります。

さらに、寒さに強い犬種であっても、氷点下の屋外で過ごすのは大変厳しいものです。寒い日の夜間は玄関で寝かせるなど、対策をとってあげましょう。

寒さに強い犬種の個体差

アンダーコートが伸びない子犬や老犬痩せている病気

柴犬など寒さに強い犬種を飼っている飼い主さんから、「我が家の愛犬は寒がりで、こたつの中やストーブの前で丸くなって、外に散歩に行くのを嫌がるんです」ということを聞くこともあります。

これは、室内で飼われた犬たちは寒さにあう機会が少ないので、冬になってもアンダーコートと呼ばれる被毛があまり伸びず、したがって本来は寒さに強い犬種であるのに、寒さに弱くなってしまうからのようです。

また、同じ寒さに強い犬種でも子犬や老犬、痩せている犬、病気の犬などは体温調節が上手くいかず寒さに弱いこともあるようです。

我が家の愛犬は寒さに強い犬種だからと安心せずに、それぞれ個々の様子や生活環境を見極めて対応しないと、愛犬が寒さで体調を崩してしまうこともあるので注意しましょう。

寒さに強い犬に関するまとめ

寒さに強い犬は、寒い地域を原産とする犬であり、当然日本産の犬種も日本の冬に適応できるようです。寒さに強い犬は、被毛がダブルコートであり、一方で小型犬は寒さに弱いようです。

しかし、寒さに強い犬種であっても、子犬や老犬、病気の犬、室内で飼われていて寒さにあう機会が少ない犬は、寒さに弱くなってしまうようです。我が家の愛犬は寒さに強い犬種だからと安心せずに、飼い主は愛犬の様子をよく見て、寒さ対策をしてあげることが大切です。