川崎フロンターレFW家長昭博

写真拡大

 翌日にルヴァン杯決勝を控え、前日練習を終えた川崎フロンターレFW家長昭博は「楽しみにしている」と静かに闘志を燃やした。

 決勝の舞台で対戦するのは古巣となるC大阪だが意識することはなく、「大体スカウティングはしている」と試合のイメージを膨らませる。しかし、決勝だからといって特別なことをするのではなく、「いつもと変わらない」戦い方を実践しつつ、「いろいろな状況に臨機対応できるようにやりたい」と意気込みを示した。

 大一番を前にGKチョン・ソンリョンやMF阿部浩之、MF大島僚太ら主力の復帰もあり、「全員そろって練習できるのはチームにとって非常にプラスだし、喜ばしいこと」とし、チーム内の雰囲気も「良いですね」と口にする。

 チームにとって悲願の初タイトルまで、あと一つと迫っている。「本当に一生懸命やるしかない。どの試合も僕らにとっては大事な試合だったので、最後も勝てるようにしたい」と必勝を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)


●ルヴァン杯2017特設ページ