決勝翌日から日本代表の欧州遠征を控えるDF車屋紳太郎

写真拡大

 先のことは考えない。川崎フロンターレから唯一、日本代表に招集されたDF車屋紳太郎は決勝翌日の5日から欧州遠征が控えているが、「まず目の前の一戦に集中して、その先のことは何も考えていない」と、明日4日のルヴァン杯決勝・C大阪戦に集中した。

 クラブにとって悲願の初タイトルが懸かった決勝戦。「縮こまらず、ダイナミックにプレーすることが大事。いつもどおりやれれば」と平常心を貫くと、「しっかり守備したうえで攻撃できれば」と、攻守でチームに貢献するつもりだ。

 昨シーズンはJリーグチャンピオンシップ準決勝で敗れ、天皇杯も準優勝。あと一歩のところでタイトルを逃してきた。「みんな借りを返したい気持ちを持っている。明日、それをピッチで表現できれば」と強い決意を口にした。

(取材・文 西山紘平)


●ルヴァン杯2017特設ページ