客を待つタクシー(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【世宗聯合ニュース】韓国政府は3日に発表した訪韓観光の活性化策で、外国人客相手のタクシー料金ぼったくりを防ぐため、来年中に特定区間でタクシー料金定額制を導入する方針を明らかにした。

 国土交通部は早ければ来年初めにも関連の訓令を改正し、タクシーが特定区間でメーター料金ではなく定額料金を受け取る区間料金制の導入根拠を設ける。

 区間料金制の導入が有力視されるのは外国人客が多い仁川国際空港―ソウル中心部・光化門の区間など。外国人客がタクシーでこの区間を移動し、数十万ウォン(数万円)の法外な料金を取られるケースが多いためだ。

 タクシー区間料金制の導入は管轄の自治体が判断する。仁川空港にはソウルや仁川、京畿道のタクシーが乗り入れており、制度を円滑に施行するにはこれら首都圏の自治体の同意が必要になる。