街中に巨大な蝶の標本が出現!リアルすぎる3Dのストリートアートに驚嘆

写真拡大

ヨーロッパでは主流となっているビルの壁一面を使った巨大なストリートアート。

これまで数多くの作品が制作されてきましたが、またすごい作品が登場しました!





街が蝶の標本箱に変身!

フランスのストリートアーティスト、Mantraさんはトリッキーな作品で知られた人物です。

今度はビルの壁に蝶々の標本に変身させてしまいました!





ぱっと見たら、本当に蝶々の標本箱が現れたみたいです。





Mantraさんの作品は超リアルなタッチが特徴











光と影を組み合わせることで、その場から浮き上がる3Dのような錯覚を与えてくれます。 そのため、本物の蝶がその場にいるような不思議な感覚にとらわれてしまいます。

世界中の街に蝶が出現

これまでスペインやオーストリア、フランスなどの街に蝶々を描いてきたMantraさん。 言うまでもありませんが、写真ではなく絵です!











周りに人や車が入っていると、どれほど巨大な作品なのかが分かるはず。





Mantraさんは蝶々だけではなく、巨大な風景や人物画も制作。







Mantraさん(@mantrarea)がシェアした投稿 - 2017 10月 22 11:51午前 PDT









こちらも非常にリアルな作品。

世界中で活躍するMantraさんはインスタグラムで情報を発信中。

いつかは本物を見てみたいストリートアートですね♡

Instagram(mantrarea)

https://www.instagram.com/mantrarea/