北朝鮮の対韓国宣伝団体である朝鮮平和擁護全国民族委員会(平和擁護委)のスポークスマンは2日、米国と韓国が「反共和国侵略戦争騒動に狂奔している」と糾弾する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

談話は、米国のマティス国防長官と韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防相が、第49回定例安保協議会で北朝鮮のミサイル問題や、米軍の最新鋭高高度迎撃システム(THAAD)の作戦運用、米韓合同軍事演習などについて謀議したと述べた。

また、米軍のジョセフ・ダンフォード統合参謀本部議長と韓国軍の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長が、第42回米韓軍事委員会(MCM)で「北侵連合作戦計画である『作戦計画5015』の更新方案についても密談をこらした」と指摘した。

論評は、これらの会議が「徹頭徹尾、日増しにヒステリックに繰り広げられる北侵核戦争策動にいっそう拍車をかけるための危険極まりない軍事的謀議の場であったということをはっきりと見せている」と主張した。

さらに、「看過できないのは、敵の今回の密談が米国が朝鮮半島とその周辺水域に3つの原子力空母打撃団をはじめとする核戦略資産を引き込み、緊張水位を最高に引き上げていることと時を同じくしてこらされたことである」と糾弾した。

その上で、「侵略者、挑発者は敵撃滅の報復意志で満装填されたわが千万軍民の前で自分らのいかなる軍事的謀議も無駄な空論にすぎないということを銘記し、荒唐無稽な妄想から覚めなければならない」と強調した。