続編では「時代感を感じて欲しい」と語る浅野氏

写真拡大

『おやすみプンプン』などのヒット作で知られる漫画家の浅野いにお氏。その原点とも言える作品『ソラニン』の最新話が連載終了から11年の時を経て、この10月末に発売された『ソラニン 新装版』に収録され、発表された。浅野氏は何を想い、このタイミングで続編を描いたのか──。浅野氏自身が、その背景を語った。

「もともと、『ソラニン』の連載が終了したときに、後日談はこうなるんだろうなというイメージはあったんです。ただ、それを描けずにいた。今回、たまたま自分が出したかった大判で新装版を出せることになって、それを機に10年経った世界を描いてみることにしたんです」(浅野氏。以下同)

『ソラニン』は、社会人2年目の「井上芽衣子」と、彼女と同棲してバンド活動をしている「種田成男」の小さな恋を描いた物語。2010年には宮崎あおい主演で映画化された。浅野氏自身、新しい話を描くに当たって、『ソラニン』と久しぶりに向き合うことになった。その中で感じたことは、意外にも「作品と自分との距離の遠さ」だったという。連載当時はまだ26歳。37歳になったいま、その世界はどう映ったのか。

「もう、そもそも記憶がセピア色の世界になっちゃってて(笑い)。執筆期間は9か月間だったんです。でも、単行本が動き始めて、作品を評価してもらうようになったのは30歳くらいになってからで。ソラニンについては、常に思い出話を話しているような感覚で、それが嫌だったんです。

 描いていた当時は、自分も漫画家一本でやっているけるか不安で、でもがむしゃらで。その熱みたいなものを、そのままぶつけてた。でも、いまは10年以上漫画家としてやってこれて、状況も生活も違う。冷たい言い方ですけど、昔のことはもう別のことで、共感できなくなっていたんです」

 そのため、自身初のヒット作である『ソラニン』をいい加減断ち切らなければ、との想いがあった。その距離感は物語にも反映されている。当時25歳だったキャラクターたちも浅野氏と同様の月日を重ねている。

「ソラニンでキャラクターたちの全てだった音楽が、10年経つことで単なる趣味になっていたり、大事な人のことを忘れていたり──。自分の中でも、時が経つにつれて『ソラニン』に対してそういう気持ちの変化があったので、そうした抗えない時の流れを納得して書くことができました」

 作品を読み返してみると、20代の頃の自分に対しての驚きと恥ずかしさがあったという。

「とにかく絵が下手ですね(笑い)。今回、ライブシーンを描いたのですがしっかり取材したこともあって、良い絵が描けた。当時は画力もないし、イメージで描いている部分もあって酷いです。これは恥ずかしい。

 でも、台詞は20代の頃しか書けなかったようなものがあって昔のほうが優れているなって思うところがありました」

 そう感じたのは、多くのヒット作を生み出してきたがゆえに「良い台詞」を意図的に生み出せるようになった感覚があったからだと話す。

「こうすれば話が成立する、みたいなのが段々と分かるようになって“上手く”なってしまったんです。ある意味、間違いのない台詞を選べるというか……。でも、台詞は技術じゃなくて感情が大事だったりもするので、その点に関しては20代だった当時しか書けなかったなあと思いますね。間違いだらけですけど、そこがいい」

 今回の最新話は、多くの同世代読者が読むことになるだろう。そこでは「時代感」を感じてほしいという。

「ソラニンを読み返すことによって、読者の人たちもこの10年間の自分の成長を相当感じると思うんです。価値観の変化であるとか、世相の変化であるとか。多分、みんな青臭いことも言わなくなってると思うんです。

 あと連載当時はネットを使うシーンなんてなかったけど、今回はスマホを使っているシーンを描きました。ちゃんと時代の移り変わりを感じられるのが、面白いと思いましたね。リアルタイムで読んでくれていた読者の人たちには、当時のイレギュラーな面白さとキャラクターの現在地の違いを感じて欲しいと思います」

 あれから11年、大人になった読者も浅野氏同様、若かりし頃を思い出すことになるかもしれない。