C大阪のシンボルナンバー継承されしFW柿谷曜一朗、初タイトルへ 「先頭に立って引っ張る」《ルヴァンカップ》

写真拡大

▽セレッソ大阪は3日、2017 JリーグYBCルヴァンカップ決勝の川崎フロンターレ戦に向け、会場となる埼玉スタジアム2002で前日記者会見に臨んだ。

▽会見に尹晶煥監督と共に出席したC大阪の主将を務めるFW柿谷曜一朗は、今大会決勝戦に向けて「C大阪の先頭に立って引っ張っていきたい」と述べ、シンボルナンバー8番を背負う者として、クラブの初タイトル獲得に闘志を燃やした。

◆FW柿谷曜一朗(セレッソ大阪)

「僕たちもそうだけど、『どれが1つタイトルにチャレンジしよう』という思いで今シーズンをスタートさせた。その中で、このようなチャンスが巡ってきたので、このタイトルに懸ける思いは本当に強い。川崎さんも相当な思いがあるでしょうし、すごく楽しみな、楽しい試合になると思う。僕がC大阪の先頭に立って引っ張っていきたい」

――シンボルナンバーを着用してタイトルマッチに臨む思いは

「(背番号8は)セレッソが大事にしている番号。僕がそれを付けて決勝の舞台に立つのは、個人的にも嬉しいことだし、今までセレッソを支えてきた人々やサポーターの期待に応えられるように準備をしてきた。もちろん、緊張するけど、明日の試合は楽しみで仕方ない」

――チケット完売の決勝戦。トロフィーへの思いは

「これから練習だが、芝生の状態を確かめながら良い準備をしたい。こういうカップを手にしたことがないので、(川崎フロンターレのFW小林)悠くんと同じで今すぐ持って帰りたい」

――前線のキーマンとして意識するプレーは。初優勝のかかったチーム同士の戦いについて

「ゴールを挙げることを一番に意識したい。それに尽きる。みんなで積み上げてきたことだが、最後は自分が結果を出してチームを助けたい。そういう試合にしたい。それぞれ『この人のためにタイトルを獲りたい』という気持ちがあると思う。同じ気持ちを保つチーム同士の対戦は光栄なことで、だからこそ譲れないという思いが強い」