小林悠、クラブ初栄冠に自信「タイトルを獲るにふさわしいチーム」

写真拡大

 2017JリーグYBCルヴァンカップ決勝を4日に控え、川崎フロンターレが最終調整を行った。

 今年から川崎を率いる鬼木達監督は、前日記者会見で「『タイトルを獲ろう!』とキャンプをスタートさせました。タイトルが懸かったゲームを戦えることに幸せを感じています。タイトルを獲って、フロンターレの歴史を変える」と意気込んだ。対するセレッソ大阪は柿谷曜一朗や清武弘嗣、杉本健勇といった日本代表経験者が前線に揃う。鬼木監督も「警戒したいのは前線の選手たち」と相手攻撃陣を注意するポイントに挙げた上で、「勝つために必要なことは、やるべきことをやること」と平常心で戦うことを求めた。

 キャプテンの小林悠は、現在のチーム状態について「自信を持っているし、タイトルを獲るにふさわしいチーム」と確かな自信を覗かせる。明日のチケットはすでに完売。超満員の埼玉スタジアム2002で戦えることについて「埼スタが満員になると想像しただけで、プロサッカー選手として光栄。明日の試合を想像して前日練習に臨んだ」とコメントした。ここまで明治安田生命J1リーグで19得点。自身も4試合連続得点中とコンディションは良好だ。「ゴールを決めることに専念したい」と小林。悲願のクラブ初タイトルへ向けて「モチベーションの高いチーム同士の対戦になります。気持ちの強い方が勝つと思うので、気持ちの面で相手より上回りたい」と意気込みを語った。

 C大阪対川崎のルヴァンカップ決勝は、4日(土)埼玉スタジアム2002にて13時05分キックオフ。この決戦の模様はフジテレビ系列にて13時から全国生中継される。