テレ東、狩野アナが産休へ『ゆうサテ』新キャスターはベテラン塩田アナ

写真拡大

産休に入る狩野恵里アナウンサーに代わり、テレビ東京のニュース番組『ゆうがたサテライト』(毎週月〜金曜16:54〜)のメインキャスターを、塩田真弓アナウンサーが務めることがわかった。

『ワールドビジネスサテライト』の 2代目トレたまキャスターを担当して以来、『ウィークエンド・サテライト』『WBS土曜版』のメインキャスターを務めるなど、経済番組を中心に経験を積んできたベテランである塩田アナ。産休・育休でレギュラー番組を離れて以来、8年ぶりに帯番組のメインキャスター復帰となる。

塩田アナは「初めて激戦区の夕方時間を担当します」と緊張の面持ちを見せる一方で、「万里一空の志で“テレ東だからできる唯一無二の夕方ニュース”を目指しチーム一丸となって努めて参ります」と気合十分。今でも“トレたまの塩田さん”と呼ばれることがあると言い、「あの頃のフレッシュな気持ちに加え、“今だから感じること”を日々丁寧に伝えていきたいです」と語った。

もう一人のメインキャスターである池谷亨アナは、塩田アナの印象を「数々の報道番組の経験もあり、落ち着いた語り口は、視聴者の皆さんにも伝わりやすいと思います」と絶賛。コンビを組むことについては「どんな化学反応が起きるのか自分も楽しみです」と期待を寄せた。

さらに今回、若手の戸室穂美アナがサブキャスターに抜てき。『モーニングチャージ!』『ミライダネ』でリポーターとして活躍しており、取材時の素直さや親しみやすいリポートが評価され、今回の起用に至ったという。『ゆうサテ』では、“身近な経済”の現場を取材するほか、1日の経済ニュースを伝えるコーナーなども担当する。

「『ゆうサテ』に携われることは、私にとってこれまでの人生で一番のビッグニュース」と感激をあらわにした戸室アナ。「皆さんに夕方をより楽しい時間にしていただくために、たくさん勉強し取り組んでいきたいと思います」と抱負を述べた。

1年間メインキャスターを務めてきた狩野アナは、11月3日(金)の出演をもって産休へ。「トランプ大統領就任ニュースから始まり、韓国大統領選、福島原発、中核派アジト潜入など、さまざまな現場を取材し、それが自分たちの生活にどう関わりがあるのかを意識をしながら、みんなで番組を作り上げてきました」と振り返った狩野アナ。「これからは、池谷・塩田両キャスターの安定感抜群のコンビを楽しみにしています。フレッシュな戸室さんも加わり、『ゆうサテ』がどう育っていくのか、皆さんも一緒に成長過程をごらんいただけましたら嬉しいです。自分も全力で育児をして経験値を上げていきたいと思います!」とコメントを寄せた。