いつも眠るとき、どんな格好で眠っていますか?ナイトウェアはジャージやスウェットなど様々ありますが、睡眠の質を上げるなら断然パジャマがおすすめです。この記事では、パジャマで眠ることでのメリットについてご紹介していきます。

メリット1.身体の締め付けがない

パジャマは他のナイトウェアと比べて、身体を締め付けずにリラックスさせる効果に優れています。ジャージやスウェットには袖口にゴムがあったり、ポケットやファスナーなどの装飾がついていますよね?ですがパジャマには、ウエストのゴムやボタンなどの必要最低限のものしかついていません。そのため不必要に身体をしめつけることもなく、リラックスした状態で眠ることができるのです。身体が締め付けられていると、血流が滞って身体が冷えたりむくみが生じやすくなるおそれがあります。身体の締め付けを取りはらって眠るだけで、身体中に血液が行き渡って栄養を運んだり疲労を回復する効果が高まります。

メリット2.通気性が良く、汗を吸いやすい

スウェットやジャージには、裏起毛のものやアクリル製のものが多くあります。保温性には優れていますが、通気性が悪いため汗をかいても上手く汗が蒸発せず、肌荒れやかぶれを起こしてしまいます。パジャマは通気性と吸水性に優れているため、汗をかいてもすぐに汗が飛んで寝汗による不快感がなくなります。寝汗をかくと寝苦しくなって睡眠の質も落ちますし、汗をかくことによる脱水症状も起きやすくなります。特にシルクで作られたパジャマは、汗を吸う効果や通気性が綿よりも優れていておすすめですよ。

メリット3.寝返りが打ちやすくなる

寝返りには、睡眠中も適度に身体を動かすことによって血流が滞るのを防ぐ役割があります。スウェットやジャージのように重たい素材のナイトウェアだと、寝返りを打つときにいくらかの労力が要されます。また、寝返りを打ちづらいため、無意識のうちに身体がストレスを溜めていることも。パジャマは身体を締め付けず、軽い素材でできています。そのため寝返りを打つ動作も軽く、睡眠中に身体が負担を覚えることがなくなるのです。リラックスした状態での睡眠は、睡眠の質を高めます。その日の疲れを翌日に持ち越すこともなくなりますよ。


writer:さじや