試合中のピッチに乱入した警察犬が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

ボリビアで試合中に乱入、凡戦を沸かせた“救世主”に絶賛「プロフェッショナルな警察犬」

 海外サッカーで試合中にピッチに警察犬が乱入し、不審者を追うはずのエリート犬が選手に追われる珍事が発生した。しかし、退屈な試合を一変させた“メッシ級の救世主”の乱入シーンを海外メディアが公式ツイッターに動画付きで紹介。あまりに可愛すぎる珍客に対し、海外メディアは「警察犬が退屈な試合でおサボりプレー」「見るべき価値のある試合にした彼こそMVP」などと笑撃と称賛が広がっている。

 見るものすべての目が点になった。ある意味、衝撃的なシーンが生まれたのは、10月24日(日本時間25日)のボリビア1部リーグブルーミング―ナシオナル・ポトシの一戦だった。

 前半38分。ナシオナル・ポトシが2-1とリードしていたが、内容は凡戦。そんな展開に苛立って「俺が出る」と言ったわけではないだろうが、“彼”は衝撃的な登場を飾った。中継映像はセンターサークル付近で、両チームともにヘディングで前線へ送り合い、ボールが落ち着かない様相を映し出していた。しかし、ようやくボールが落ち着くかと見られた瞬間だった。

 突然、画面の右から左へ異次元のスピードでダッシュする謎の物体が現れた。犬。それも、警察犬だ。黒のシェパードは大映しになると、どこで奪ってきたのか空気の抜けたボールを口にくわえ、どこか楽しげの表情に見える。試合はいったん中断。両チームの選手が捕獲にかかったが、ここからドラマは始まった。

 メッシもびっくりだろう超俊足を生かし、ピッチを疾走。健脚で鳴らした選手たちですら追いつけず、ペナルティエリアまで縦横無尽に駆け回った。そして、ほどなくしてセンターサークルに戻ってきた隙を突き、一人の選手が捕獲。ようやく大捕り物が終わると、本来の“飼い主”である警察官がピッチに入り、リードをつけて走って一種にピッチの外へ。

舌を出し愛らしい姿で退場…観戦したファンは興奮「なんて美しいシーンだと…」

 しかし、舌を出したまま何度もピッチを振り返り、「もう終わりなの?」とでも言いたげな哀愁が漂い、なんとも愛らしい後ろ姿で去っていった。ただ、予期せぬ“乱入”により試合は活気づいたのか試合は4-2でブルーミングが逆転勝ち。白熱の攻防が展開されたという。

 一連の様子を米地元情報誌「azcentral」は「警察犬が職務を投げ捨て、ボリビアのプロの試合を中断させる事態」とつづり、動画付きで紹介。映像では丁寧にスロー再生も導入し、躍動感あふれるランニングフォームにはため息が漏れそうだ。

 動画では「とてもプロフェッショナルとは程遠い試合内容の中、この警察犬はプロフェッショナルな警察犬として勤務中に行動に出た。彼はピッチ上で誰よりも速い存在だった。そして、人々が見るべき価値のある試合とした彼こそがMVPとなった」とユーモアたっぷりに称賛。世界でも続々と話題を呼んでいる。

 英紙「デイリー・メール」は「最後に口笛を吹いたのは犬だ !サッカーの試合を中断させる輝かしい瞬間。警察犬のシェパードがパンクしたボールを噛んで縦横無尽。選手や装甲した調教師のチェイジングもなんのその」、米紙「USAトゥデー」は「警察犬が退屈な試合でおサボりプレー」と報じるなど、各国に笑撃と称賛が波及している。

 Jリーグや日本代表の試合ではお目にかかれないだろう珍事。「ボリビアのプレミアリーグにカオスを引き起こした」と英大衆紙「サン」は紹介し、取材に対してファンは「あの犬は退屈だった試合を救ったんだ。なんて美しいシーンだと思って見ていたよ。そして、とても奇妙だったね!」とコメントしたという。彼は一夜にしてヒーローになった。