「さかなクンも来るって!?」 日本全国のうまい『魚』が大集合するお祭りとは

写真拡大 (全8枚)

食欲の秋!

秋は実りの秋ともいわれ、おいしい旬の食材が勢ぞろいします。夏の暑さからも解放される季節には、自然と食欲が湧いてきますよね。

魚介類も、サンマや鮭、鯖やカツオなど、脂がのっておいしい食べごろに。

そんな『秋』にぴったりのイベントが、日比谷公園で開催されます!

日本各地の『魚介』が日比谷公園に集結!

日本各地の魚介料理を満喫できるイベント『ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2017』が、11月16日(木)〜19日(日)の4日間、日比谷公園で開催されます。

3回目の開催となる今年は、出店数が昨年の60店舗から約80店舗に増加!全国の味自慢の漁師飯や磯料理が一堂に集まります。

昨年は12万人もの来場者が集まり、大盛況となったイベント。一体、どんな魚介料理たちが登場するのでしょうか!

思わず、生唾ごっくん!

まるで宝石箱のような海鮮丼

魚介の宝庫・北海道からは『北海5種盛り海鮮丼』が初登場!

いくら・ほたて・鮭・うに・ズワイガニの魚介類をぎゅっと詰め込んだ、まるで宝石箱のような海鮮丼は、東京にいながら北海道の味覚を楽しめる逸品です。

第1回の一番人気!

第1回開催で一番人気だった『あんこう肝鍋』が今年も出店されます。

『海のフォアグラ』と称されるアンコウの肝、宮城の農家で作られた長ネギ、無添加の麹味噌を合わせて仕上げた、体の芯から温まる一品です。

かぶりついて、生ビールをゴクリ!

新潟からは、雪解け水で育った鮎を、じっくり1時間かけて炭火で焼き上げた『鮎の炭火焼き』

こだわりの鮎に、秘伝のオリジナルブレンド塩をまとわせ、外はパリッと、中はふっくらとした焼き上がり。骨までまるごと食べられるので、頭から豪快に丸かじりできますよ。ビールとの相性も抜群!

幻といわれた鯖寿司

歴史的に鯖と縁の深い古都・京都の懐石料理人の手による一品。

※画像は焼き鯖寿司です

酢飯の『酢』やご飯の炊きかたにもこだわりがあり、特殊包装により常温のまま持ち帰ることができます。自宅に着いてもご飯がふっくらのままで、お土産にしてもよろこばれそうです。

素材の味をそのままに

いわき名物『うに貝焼き』は、地元でも高級食材として珍重されています。

夏のひと時しか採れない新鮮な生ウニを貝殻に盛り、炭火で軽く蒸し焼きにした甘く香ばしい『伝統の味』を、口にしてみては。

ほかにもまだまだありますよ!

紹介した料理以外にも『北海道シーフードパエリア』『焼さばカレー』『こぼれいくら丼』など、多種多様な魚介料理が盛りだくさん!

食べ物以外にお酒も楽しめるので、「どれを食べようかな〜」と悩みながら、お酒を片手に屋台を回るのも楽しいかもしれません。

コンテストやステージイベントなども充実!

11月19日(日)には、漁師自慢の魚を使った料理コンテストも開催。来場したみなさんの投票により、受賞作品などが決定します。

また、魚類学者のさかなクンによるステージイベントなど、楽しい催しも開催予定!

会場となる日比谷公園は、都会にありながらお散歩するだけでも気持ちのよい、広くて花や緑あふれる公園です。秋のお散歩がてら、気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

第3回「ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2017」〜全国魚市場&魚河岸まつり〜

日付:2017年11月16日(木)〜 19日(日)の4日間
開催時間:11月16日(木)11:00〜21:00
11月17日(金)11:00〜21:00
11月18日(土)10:00〜21:00
11月19日(日)10:00〜18:00
会場:日比谷公園 噴水広場〜第二花壇〜にれの木広場(東京都千代田区)
入場:無料(飲食代は別途)

[文・構成/grape編集部]