マクマスター氏(資料写真)=(EPA=聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米国のマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はトランプ大統領の訪韓を前にこのほど韓国のYTNテレビと行ったインタビューで、「米韓両国は完全な合同軍事指揮体系を持っており、情報を毎日共有している」として、「(朝鮮半島での)米国の単独軍事行動は想像できない」と述べ、韓国と日本に事前に通知、または協議する方針を示した。

 北朝鮮の核・ミサイル問題を巡る議論から韓国が外されているという「コリア・パッシング」については、「あらゆることで(韓国が)中心」として「北朝鮮の攻撃があれば、トランプ大統領は韓国を最優先に考える」と強調した。

 また、NHKとのインタビューに対しても、北朝鮮への軍事行動を決める場合、日本に事前に通知するとの意向を示した。