ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(MBS/TBS)に出演する成海璃子を直撃!/ヘア&メーク:廣瀬瑠美

写真拡大

青柳翔主演の新ドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」(MBS/TBS)が、11月から放送開始。本作に出演する成海璃子が、原作の魅力やドラマの見どころを語った。

【写真を見る】成海は主人公・二郎(青柳翔)の彼女・みふゆを演じる!/(C)「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」製作委員会

同ドラマは、おおひなたごうの同名コミック「原作は、目玉焼きの黄身いつつぶす?」(ビームコミックス/KADOKAWA刊)を実写ドラマ化した作品。誰しもが気になる“食べ方”にスポットを当て、食べ方で大げんかをするカップルと2人を取り巻く個性的なキャラクターたちが繰り広げる日常を描く。

物語の主人公であり、料理の食べ方に人一倍こだわりを持つ田宮丸二郎(青柳)の彼女・みふゆを演じる成海は、原作を読んだ感想を「すごく面白かったです!」と明かし、「本当に話していることはすごく馬鹿馬鹿しいんです。でも、今まで考えたことなかったけど、言われてみればそうだなと思うことばかりで、それぞれ共感できるところがあるなと思いながら楽しく読みました」とその面白さを語った。

劇中では、目玉焼きの食べ方などで二郎とみふゆカップルがけんかをする姿が描かれているが、自身の食べ方を聞くと、成海は「しょうゆか塩コショウですかね、一般的な感じです(笑)」とコメント。

さらに、こだわりの食べ方について聞くと「酢が好きなので、酢が入っているものには多く入れちゃいますね。ギョーザのたれとか中華料理とか、酢をかけがちです」と教えてくれた。

また、本気で怒るほど食べ方にこだわりを持つ二郎のようなタイプの男性については、「絶対付き合いたくないなと思いました(笑)。自由に食べたいです!」ときっぱり

「魑魅魍魎」というコンビ名で漫才師として活動するみふゆを演じるに当たり、成海は漫才の練習もしたという。「少しだけなんですけど、ライブのシーンなどをやりました。実際にネタも書いていただいて、指導も受けて、初めて漫才をやりました。難しいなとは思いましたけど、楽しんでやろうと思って頑張りました!」と振り返った。

一方、「せりふにはちょっと苦労しましたね」と告白。「せりふが長いとかではないんですけど、感情が一切関係なくて、基本ずっとウンチクみたいなことを言っているんです。一番語っているのは二郎役の青柳さんですけど、口論のシーンになると言い合うので、そういうせりふがなかなか頭に入りづらくて苦戦しました。ひたすら繰り返し言って頭に入れていきました」と撮影の苦労を明かした。

主演を務める青柳の現場での印象を「お互いしゃべらないタイプなので、話すことは多くなかったんですけど、その寡黙な感じも二郎にぴったりだなと思いました」と語る成海。

二郎の上司・近藤を演じる佐藤二朗については「原作とはだいぶ印象が違いますけど、(あの仕上がりは)笑っちゃいますよね(笑)。すごい破壊力を感じました」と笑みをこぼした。

最後に、本作の見どころを「誰でも楽しめると思いますし、難しいことは一切出てこないので、目玉焼きやカレーの食べ方など、なじみのあるものばかりだと思うので、『自分はこうだな』というような楽しみ方をしていただければと思います!」とアピールした。

【1話あらすじ】

二郎(青柳)は彼女のみふゆ(成海)と付き合い始めて、初めて一緒に迎えた朝、文句なしの朝食を作るみふゆとの朝に幸せをかみ締める。しかし、みふゆの目玉焼きの食べ方に驚き、ついキレてしまった二郎。気が付いたときには、みふゆはいなくなってしまっていた。

そんな中、二郎は上司である近藤(佐藤)を誘って目玉焼き定食が食べられる食堂へ行くことに。すると、近藤も独自の食べ方をしているのを目の当たりにする。

大きな衝撃を受けた二郎は、家に帰ってみふゆの食べ方で目玉焼きを食べてみることを決意する。