第5回廬陽杯中日韓三国囲碁名人混合ペア戦が1日、安徽省の合肥三国新城遺跡公園で開幕した。

写真拡大

第5回廬陽杯中日韓三国囲碁名人混合ペア戦が1日、安徽省の合肥三国新城遺跡公園で開幕し、古力、常昊、小林覚、イ・チャンホを始めとする中国と日本、韓国の囲碁界の名人16人が一堂に会し、名人混合ペア戦を行った。

【その他の写真】

同日の試合では、「60後」(1960年代生まれ)の■乃偉(■は草かんむりに内)と「90後」(1990年代生まれ)の範蘊若ペアが勝利し、中国チームのペア4組で唯一勝ち進んだペアとなった。韓国チームのペア2組は全て次の試合へ勝ち進んだ。日本の小林覚/吉原由香里ペアは次の試合で、韓国のイ・チャンホ/オ・ユジンペアと対戦する。(提供/人民網日本語版・編集YK)