星座グループ別【隠された裏の顔】牡羊座・獅子座・射手座は大人になっても反抗期!?

写真拡大

 人間関係を円滑に進めるため、ときには自分の裏の顔を隠さなければいけません。あなたの隠された裏の真実はどのようなものでしょうか? 星座グループ別に、人には見せないあなたのもう1つの顔を探ってみましょう。

■火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)……大人になっても反抗期
 エネルギッシュな火の星座グループ。高い目標を持って突き進んでいきます。そんな火の星座の裏の真実は、「大人になっても反抗期」。自分が一番という思いが強い火の星座は、思い通りにならないと、イライラして反抗的になります。牡羊座は毒舌、獅子座はプライドが高くなり、射手座は暴走行動に走りがちに……。激しい怒りを爆発させた後は、案外、すっきりしているでしょう。

■地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)……完璧な理想主義者
 真面目で、慎重な性格の地の星座グループ。恋人や友達を作るときも、時間がかかります。そんな地の星座の裏の真実は、「頑固な理想主義者」。地の星座は、人生において「こうでなければならない」という完璧ルールを決めています。とくに、牡牛座は美的センス、乙女座は礼儀作法、山羊座は金銭感覚に厳しいルールを持っています。そのため、そのルールから外れる人とは、付き合おうとはしないでしょう。

■風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)……感情よりも理性を重視
 知的で、好奇心旺盛な風の星座グループ。情報通で、コミュニケーションも上手な人気者です。そんな風の星座の裏の真実は、「感情よりも理性を重視」すること。笑顔で接していても、面倒なしがらみを嫌います。双子座は人に執着せず、天秤座は八方美人になり、水瓶座は他人との間に距離を置きます。風の星座が嫌いなのは、感情に流されること。ただし、冷たく見られないように、笑顔は絶やさないでしょう。

■水の星座(蟹座・蠍座・魚座)……愛の見返りを期待し過ぎる
 愛情深い水の星座グループ。恋愛では相手を一途に愛するでしょう。そんな水の星座の裏の真実は、「見返りを期待し過ぎる」こと。水の星座は、愛する恋人の好みに自分を合わせようとします。その理由は、愛され願望が強く、見返りを期待するから。そのため、恋人が裏切ると態度が急変! 蟹座は激しいケンカ、蠍座は執念で追いかけ回し、魚座は大泣きします。失恋モンスターと化してしまうことも。

 誰もが持っている、表と裏。しかし、不平不満がたまると、裏の顔がどんどん大きくなってしまいがちです。表と裏のバランスをとるように心がけましょう。
(金森藍加)※画像出典/shutterstock