Vanquish S Ultimate。(画像:アストンマーティン発表資料より)

写真拡大

 英国の高級スポーツカーメーカー・アストンマーティンが、Vanquish S Ultimateを、全世界175台限定で販売すると発表した。

【こちらも】アストンマーティン「ヴァンキッシュ・ザガート」に新モデル2種が追加

 ベースとなっているのは、Vanquish(ヴァンキッシュ)の中でもフラグシップモデルに位置付けられる、S CoupeとVolanteであり、同社は「究極のエディション」を謳っている。

 Ultimateエディションの特徴だが、まずエンジンには、標準のSと同じ、自然吸気0.6リッターV12エンジンが用いられている。エディションはCoupeとVolanteが設定されており、外装色は3種類から選択可能。

 またUltimateエディションは、ユニークな数々の専用装備を持つ。ローズゴールドのカーボンファイバー製サイドストレーキ、同じくカーボンファイバー製トレッドプレートとシル・プレート、特別なステッチが施されたキルトデザインのシート、ヘッドレストの刺繍などだ。

 アストンマーティンのチーフ・クリエイティブ・オフィサーは語る。「Ultimateエディションは、ヴァンキッシュSno特徴であるトラディション、テクノロジー、クラフトマンシップの組み合わせに、印象的なボディカラーと魅力的なインテリア・パッケージを与えた」と。

 また、同社副社長兼チーフ・セールス・オフィサーのクリスチャン・マルティ氏は、「ヴァンキッシュは登場後まもなくアストンマーティンの主力となった。Sは生産終了が近づいているが、今後のヴァンキッシュの成功を祈って、Sの特別なリミテッドエディションを生み出した」と語っている。

 注文受け付けは既に始まっており、納車は2018年春開始を予定している。日本での販売定価は発表されていないが、参考価格として英国での販売価格を日本円に換算すると、Coupeが約3,200万円、Volanteが約3,400万円程度である。