消耗品やお手軽アイテムを選ぶだけでも燃費向上は期待できる

 クルマの燃費は、エンジンの燃焼効率やミッションのギヤ比、ボディの空気抵抗や車重など、買ってからはどうしようもないクルマそのものの性能や条件によって決まるものだが、タイヤなどの消耗品も大きな影響を与えている。

 タイヤなどの消耗品や、その他の簡単に交換可能なパーツ、あるいは添加剤など、燃費の改善効果が期待できるものは結構多い。

 プリウスなどのハイブリッドカーや、ミライースなどの燃費重視型の軽自動車など、現状でも乾いた雑巾を絞るようにして燃費性能を追求しているクルマの場合は、簡単にできるパーツの交換でさらに燃費を伸ばすことは難しいが、ひと昔までまでの設計年次の古いクルマや、そもそもあまり燃費を気にしていないスポーツモデルでは燃費向上の伸びしろが大きく残されているから狙い目だ。ここでは燃費に効くアイテム5選を紹介しよう。

.織ぅ

 もっともお手軽で、かつ大きな燃費改善効果が得られやすいのがタイヤだ。特に、ハイグリップ系のスポーツタイヤを履いてる場合は、燃費重視型のタイヤに交換すると日常域の燃費が驚くほど改善されることが期待できる。最新モデルのタイヤは、コンフォート系や転がり抵抗低減型でもしっかりしたハンドリングが得られるようになっているので、硬派なスポーツモデルに履かせても意外と相性が悪くないものが多い。

 もちろん、ハイグリップ系からコンフォート系や転がり抵抗低減型に履き替えると比べると操縦性が頼りなく感じたりはするし、実際グリップ力は下がっているので、そこは注意が必要だ。大パワーFR車に低燃費志向すぎるタイヤを履かせるようなことは避けるなど、愛車のタイプや性能とのバランスをよく考えて選ぶ必要がある。

 ちなみに、筆者の経験で大きな変化を遂げた例を挙げると、初代WRXのタイヤをピレリのPゼロからミシュランのプライマシーに替えた時で、リッターあたり2kmも燃費が伸びて感動した。

 マッドテレーン系のタイヤを履いたクロカンSUVでも、ハイウェイテレーンやクロカンSUV向けではない一般的なタイヤに換えると大きな燃費改善効果が期待できる。

 実用車の場合はもともと低燃費志向のタイヤを履いている場合が多いが、タイヤの幅をワンサイズ細いものに換えるという手もある。

吸排気系パーツの交換

 スポーツモデルのお手軽チューンの定番である吸排気系パーツの交換も、燃費の改善効果が期待できるものが多い。本来は低速トルクの向上やサウンド面の変化を狙ったものながら、吸排気の効率を良くすると同時に燃費も良くなる場合が多い。

 低速トルクが太くなると、アクセルを踏み込む量や時間が減ることでも燃費に好影響を与える。吸排気チューンでトルクアップやエンジンフィーリングが向上すると、走りが気持ち良くなってアクセルを踏む量が増えるものなので、そこは注意が必要だ。

E魂炭

 エンジン内部の汚れを取ったり、フリクションの低減を狙ったエンジン添加剤は、モノによっては明確な燃費改善効果が得られる。販売単価の高いエンジン内部コーティング系の添加剤や、施工費用が3万円以上するエンジンの内部洗浄(廉価なフラッシング系ではなく特殊な溶剤を使ったもの)は、値段が高いだけに効果が実感しやすいモノが多いといえる。とくに、古めのクルマではエンジン内部の徹底洗浄はかなり燃費改善効果が期待できるのでオススメだ。

 費用が高めだと、燃費が少し良くなっても元が取れず、経済的なメリットは少ないかむしろマイナスになるかも知れないが、トルク感やフィーリング面が回復すると日々の運転が気持ち良くなり、人生に潤いが得られるという効果は見逃せない。

ぅ┘鵐献鵐イル

 エンジンオイルでわかりやすいのは、粘度指数の低温側をワンランク落とすこと。たとえば、純正指定が5W-30の場合、0W-30、あるいは0W-20の低燃費志向のオイルにすると、燃費改善効果が出やすい。特に気温の下がる冬場は狙い目だ。ただし、粘度指数を下げた場合は高温時の性能が厳しくなるので、エンジンを全開にしてブチ回すようなことは避けたい。とくにターボや高回転型のエンジンでブローするリスクが高まるので注意が必要だ。

 また、同じ粘度指数でも、より高価な高性能オイルに換えると、ジワジワと徐々に燃費が良くなることが期待できる。高価な高性能オイルはエンジン内部を洗浄する高価が高いので、走っているうちにカーボンやスラッジなどの汚れが落ちてエンジンの調子が良くなることが期待できるからだ。

 また、レギュラーガソリン指定のエンジンにハイオクガソリンを入れ続けることでも同様の効果が期待できる。ハイオクガソリンは値段が高い分、エンジン洗浄剤などの添加剤が余分に入っている製品が多いからだ。

ゥ曠ぁ璽襦淵丱猷悉杜漫砲侶變眠

 アルミホイールを軽量品に換える、またはインチダウンするなどして軽量化をはかると、わずかに燃費が改善されることがある。

 ホイールのみならず、タイヤも含めたバネ下重量の低減は燃費だけでなく、操縦性が良くなることも期待できるので、昔から注目されている。

 人間でも靴が軽くなると動きやすくなる、という理屈だが、乗り心地に関しては、サスペンションやタイヤの特性などさまざまな要素が影響するので一概には言えないが、バネ下を軽くすると、意外に乗り心地がやや硬くなる場合も少なくないので、乗り心地の改善を期待するなら注意が必要だ。