愛されキャラの山崎賢人は「陸王」撮影現場でも

写真拡大

美男の宝庫の秋ドラマ撮影現場に密着! 和気あいあいなキャストたちのオフショットを公開しちゃいます。後編は「陸王」、「重要参考人探偵」、連続テレビ小説「わろてんか」撮影現場に潜入〜!

【写真を見る】“陸王”に興味津々の山崎

■ 寺尾が山崎のあやとりの先生に名乗りを! 「陸王」

老舗足袋業者・こはぜ屋の4代目社長・宮沢(役所広司)が経営難の会社を立て直すべく、新規事業のランニングシューズの開発に挑む企業再生物語を描く「陸王」(毎週日曜夜9:00-9:54 ※11月5日(日)は夜9:00-10:09 TBS系)。

今回はランニングシューズが作られる「こはぜ屋」に潜入。劇中では父親に反抗する素直になれない息子を演じる山崎賢人だが、現場ではスタッフの後ろに背後霊のように立ってにっこりしたり、寺尾聰にあやとりを教えてもらったり、阿川佐和子ら縫い子チームには手を振って歓迎されるなど愛されキャラさく裂!

■「陸王」裏トークをキャッチ!■

空き時間に輪ゴムを使い、一人であやとりをしていた山崎。それを見た寺尾が山崎の元に駆け寄り、あやとり教室を。寺尾は山崎の後ろに回り、手取り足取り丁寧に「ほうき」などの作り方をレクチャー。寺尾の指導で無事に「ほうき」ができると山崎はペコリとお礼。

■ 雨にも寒さにも負けず現場の空気はほっこり 「重要参考人探偵」

いつも死体を発見してしまう不幸体質なモデル・圭(玉森裕太)が、モデル仲間のシモン(古川雄輝)に誘われて、斎(小山慶一郎)と参加した登山雑誌の撮影で密室殺人事件が発生(11月3日金曜夜11:15-0:15ほか テレビ朝日系)。またしても真っ先に死体を見つけてしまった圭は、犯人として疑われてしまう。「俺は犯人じゃない!」と必死に抵抗するシーンでは、その勢いのままにNGを出してしまうも、「ごめんなさい!」と照れ笑い。外は大雨でも、ほっこり温かい撮影現場でした!

■「重要参考人探偵」裏トークをキャッチ!■

足の傷をメークさんに施してもらう玉森は「ひゃあ〜!」と雄たけびを上げ、小山らも大笑い。また、年齢も近く、ネコが大好な小山と古川はとっても仲良し! そんな小山は取材陣にも、「遠いところまで来てくれてありがとう」と声をかけてくれた。

■ 関西弁飛び交う現場で撮影中もわろてるよ! 連続テレビ小説「わろてんか」

寄席経営を始めたてん(葵わかな)が、日本中に「笑い」を届けるべく奮闘する連続テレビ小説「わろてんか」(毎週月曜〜土曜朝8:00-8:15ほか NHK総合ほか)。その撮影現場も、“笑顔”がたくさん!

松坂桃李は、10歳年下の葵ともすっかり打ち解けた様子で、それをネタにいじられる場面も。一方、大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年NHK総合ほか)でも共演していた濱田岳とは同い年で、すっかり気心の知れた仲のよう。アイコンタクトでタイミングを合わせる演技を見せる。大阪での撮影も、いよいよ折り返し!

■「わろてんか」裏トークをキャッチ!■

撮影の合間、話題は濱田のオフの日のことに。濱田がある大御所俳優とゴルフに行ったことを明かすと、松坂は「休んでる心地がしないね」と冗談ぽくニヤリ。その後も濱田はゴルフ愛を熱弁し続け、松坂は相づちを打ちながら、終始にこやかに耳を傾けていた。