『鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ』(著:さとうかよこ、レシピ・レクチャー:きらら舎、シャララ舎、アドリア洋菓子店/玄光社)

写真拡大 (全7枚)

 インスタ映えするお菓子レシピ集『鉱物のお菓子 琥珀糖と洋菓子と鉱物ドリンクのレシピ』が、2017年10月30日(月)に発売された。

 同書は『鉱物レシピ』のさとうかよこ、「琥珀糖」の製作販売をするシャララ舎、老舗洋菓子店・アドリア洋菓子店が、琥珀糖、洋菓子、鉱物ソーダ、鉱物カクテル、鉱物オードブルのレシピを大公開した1冊。

 琥珀糖とは、煮溶かした寒天に砂糖や水飴などを加え固めた和菓子で、琥珀羹(こはくかん)や錦玉羹(きんぎょくかん)などとも呼ばれている。琥珀糖という名前の由来は、梔子(くちなし)の実で着色したものが琥珀色だったから。表面はしゃりしゃりとした食感で、中は寒天の弾力としっとり感を楽しむことができる。

 この「食べられる鉱物」は、プレゼントやクリスマスなどのパーティーに使えるヴィジュアル系菓子。イベントなどに持ち寄れば、盛り上がること間違いなし。

 基本となる琥珀糖鉱物の作り方は意外にも簡単で、粉寒天やグラニュー糖と水やリキュールなどの材料を鍋にかけ固めるだけ。忙しくても時間をかけずに挑戦する事ができるので、シェアして鉱物レシピを楽しむことができる。

 さらに同書では、テーブルの上をさらに美しく彩る「鉱物ドリンク」の作り方も大公開。

 玄光社編集部のTwitterで宣伝を開始したところ、1万8千件を超えるリツイートと2万8千件の“いいね”がついて大盛り上がり中。見て楽しい、食べて美味しい「食べられる鉱物」でフォトジェニックな1枚を撮影してみてはいかが?

※掲載内容は変更になる場合があります。