【男の子あるある】電車への情熱が知育にも役立つ!? 我が家の“子鉄”エピソード

写真拡大

男の子ママなら、かなりの確率で我が子の「電車好き」の度合いにびっくりしませんか?

【男の子】毎日が戦い! 兄弟持ちママあるある&専門家が語る「男兄弟ストレス対策」

車もそうですが、電車も日常的に乗ったり、見たりする機会は多いもの。

だからでしょうか、特に親は鉄道オタクでもなんでもなければ、家にその手の本があるわけでもないのに、いつの間にか好きになり、あらゆる場面で男の子は“電車愛”を発揮します。

今回は、そんな電車が好きすぎる息子を持ったママから、ほほえましい“子鉄”エピソードを集めてみました。

子鉄ママならよく見る光景

たとえばプラレールなどで遊ぶとき、床にほっぺたをくっつけて電車の目線で遊んでいる我が子……。

この姿勢がすでにあるあるなようです(笑)。

「子育て広場に行くと電車好きの子はみんな同じ姿勢で遊んでた!」という証言も。

我が家の子鉄(2歳)も、まさにこの姿勢でひたすら電車をシャカシャカと動かしています。息子の場合は、電池を入れて勝手に動く電車よりも、手転がしが好きなようです。

電車が好きすぎてこんな行動に!

「公園に行っても、花壇の周りのレンガを線路に見立てて自分が電車になってガタンゴトン言いながらひたすら回ってる」

電車が好きすぎて、自分が電車になってしまうパターンですね。

「畳のふちとか、ふすまの敷居のところ、ベビーベッドの柵などなど、線路に見立てられるものがあればなんでも線路にして電車を走らせちゃう」

とにかくどこでも電車! これは子鉄の鉄則です。

「好きすぎてなんでも電車に見えてくるのか、パンを食べながら新幹線の形にしていって、新幹線の形になったパンをテーブルの上で走らせたりする」

「積み木を与えても、ブロックを与えても、結局電車を作るので『この子の独創性は育っているのかな…』と心配になる」

とにかくなんでも電車! これも子鉄の鉄則です(笑)。

「うちの子は、ひたすら電車を並べるのが好き。そして、電車ひとつひとつにお菓子を配る(笑)。『ひとつだけだからね〜』とか声かけながら…。電車相手にエアーままごとをよくしています。電車がどこかに行ってしまって見つからないときは、『パーシー(機関車トーマスのキャラクター)、出ておいで〜♪』なんて呼んでたりも(笑)」

電車は友達!? こんなふうに電車を擬人化しちゃう子鉄も、けっこう多いみたいです。

我が家の息子は、何鉄!?

鉄道マニアでも、「乗り鉄」(乗るのが好き)、「撮り鉄」(鉄道の写真を撮るのが好き)などとわかれるように、子鉄も「乗るのが好き」「見るのが好き」などの違いがあったりもするようです。

「だんだんわかってきたのは、電車が好きなんじゃなくてプラレールが好きなだけだった。本物を見に連れていっても、全然興味を示さなかった」

まさかの、おもちゃとしての認識のみ(笑)。

「長男が2歳くらいのとき、初めて新幹線に乗ったら降りたがらなくて寝そべって必死に抵抗してた(笑)。降りる人が通路塞がれて困ってるし、親としてもなんとかしたいもののあまりの抵抗ぶりにお手上げ状態!」

完全なる「乗り鉄」予備軍ですね!

「連結」は子鉄のロマン!?

電車好き男子の多くに見られるのが、新幹線などの連結に異常に反応する様子。

東京駅の新幹線のホームに行くと、休日ともなれば子鉄を連れたパパママが新幹線の連結部分に何組も集まっています。

特に「はやぶさ」と「こまち」の連結は大人気ですよね。

「ごはんのときにスプーンとフォークを縦に並べて『連結!』と言ってる」、「『はやぶさ』と『こまち』の靴下を買ったら、靴下をプラレールの線路に並べて『連結!』と言い出した」なんていう子鉄もいるほど(笑)。

息子は1歳のとき、富士サファリパークのカンガルー広場でカンガルー2匹のしっぽを持って連結させようとしていました(!)。幸い温厚なカンガルーさんたちでしたが、怖いもの知らず&どれだけ連結好きなんだ、と戦慄を覚えたものです。

「ひたすらいろんな新幹線や電車が連結しているところを集めた動画をえんえん見ている。何がそんなに楽しいのか……」

「線路を丸く作って、その線路がせんぶ埋まるほど電車を連結させてしまうので、それじゃ電車動かないよ〜と思うけど、本人はたくさん連結できて満足げ」

エピソードに事欠かないほど、連結というのは子鉄心をくすぐるようです。

全身で電車好きを表現!

電車が好きだと、洋服もつい親が電車や機関車トーマスなどのイラストが入ったものを買ってあげちゃいますよね。あまりオシャレとは言えないので親が敬遠していたとしても、本人に選ばせたら間違いなく子鉄は電車柄を選びます。

「『プラレール博』で買ったキャップ帽があまりスタイリッシュじゃないやつ=ダサイやつだったんだけど、もう3年くらいそれしかかぶらない。薄汚れてるからと別のを買っても、それを引っ張り出してくる……(涙)」

「気がついたら下着からTシャツ、ズボン、靴に靴下まで全部電車がらみだった。果ては膝に張った絆創膏まで!」

そんな事態にも陥りがちです(笑)。でも、本人はきっと嬉しいだろうから問題ナシ!?

知育にも使えます!

電車が好きでなんの役に立つのかしら……と思うかもしれませんが、意外と知育にも役立つパターンも。

「電車が好きというよりは機関車トーマスだけが好きだったんだけど、色や数はトーマスのおかげで完璧に覚えた。トーマスのキャラクターの車両の色で色の名前を、車両番号で数字を教えたら、興味があるからすぐに吸収できたみたい。1、2、3…と車体の数を数えるのも、自然と数を数えるいい訓練になってた!」

「お風呂に100均で買った日本地図がはってあるんだけど、それを見ながら『はやぶさは北海道まで行くんだよ』とか『特急ラピートは関西を走っているんだよ』と電車がらみで教えることで、地理関係に興味を持ってくれました」

色、数、地理など、電車への興味をきっかけにいろいろなものに派生して知識を増やしていければ素敵ですね。

「まだ言葉もおぼつかないころから、図鑑に載ってる電車の名前を熱心に覚えてた。特急『あずさ』を『あっちゃ』とか、新幹線『かがやき』を『かーき』とかだったのが、だんだんきちんと言えるようになっていって、言葉の習得にも役立った気がする」

とにかく電車の名前を親がびっくりするくらい覚えているというのも子鉄にありがちな特徴。

その知識量に関しては、「天才かしら!?」と親バカながら思いがちですが、こんなエピソードも。

「電車の写真絵本が大好きで、私もよく知らないような特急関連も丸暗記していたけど、興味がプラレールからトミカにうつってから1年もたったらきれいさっぱり忘れてた……」

年齢があがるにつれて興味が他へうつってしまうと本当にびっくりするくらい忘れるというのも、わりとあるあるなようです! その頃には子鉄につられて電車好きになっていたりするので、親のほうが寂しくなってしまうパターンも……。

男の子ママなら、あるある、とうなずく部分も多かったのでは?

同じ男の子でも、車が好きだったり、戦隊モノが好きだったりと、電車には流れないパターンももちろんあるようです。

ですが、好きになったら一直線!なところは、共通するかもしれませんね。

ほほえましい“子鉄”ぶりも、おそらく一過性のもの。大人になるまで続くというのはかなり少数かと思います。今この時期の熱狂ぶりを楽しんで、一緒に“ママ鉄”になっちゃいましょう(笑)。