モバイルバッテリーでノートPCも充電したい?大丈夫、これならできますよ!

写真拡大 (全5枚)

ノートPCやタブレット端末ユーザーの悩みといえば、やはり行き当たるのが電池消耗度の速さ。内蔵バッテリーだけでは心許なく、かといってスマホ用のモバイルバッテリーでは容量が少ないため充電には不向き。使えるコンセントが見当たらずACアダプターで給電できない環境下でも、バッテリーの残量を気にすることなく端末を使いたいところですよね。

サンワサプライより発売中の「BTL-RDC12」は、ノートPCや各種USB機器に電源を供給できるモバイルバッテリーです。

14.8V/12500mAh(185Wh・3.7V換算時は容量50000mAh)の超大容量リチウムイオンポリマー電池を内蔵し、スマホだけでなく多くの電力を必要とするノートPCなどの端末にも充電できます。

ノートPC用のDC出力ポートは19Vと12Vの2系統を搭載。各種ノートPCに対応したDC変換プラグが11種類付属。またUSB出力ポートが4口あり、スマホ、タブレット、ゲーム機などを4台同時に充電するが可能です。スマホなどの接続時はAndroid端末とiOS端末を自動で判別し、最適な出力で充電を行います。

本体の電池残量は4個のLEDライトで表示。点灯個数(おおよそ25%刻み)でバッテリーの残量度合いを確認できます。本体へのフル充電は約6〜7時間で完了。サイズは約136mm×213mm×厚さ33mmで、重さは約1280gです。

出張時や旅行時にノートPCを持参する際には大いに重宝しそうな大容量モバイルバッテリー。スマホの電池切れに余裕で対応できるのも心強いですね。価格はオープンプライスで、実勢店頭価格は2万5000円〜3万2000円前後となっています。

>> サンワサプライ「BTL-RDC12」

 

(文/&GP編集部)