<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇3日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,005ヤード・パー71)>
国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の第2ラウンドがスタート。初日に5オーバー87位タイと大きく出遅れた石川遼は、午前9時30分に10番からティオフしている。

この日も、藤田寛之と出水田大二郎とともに予選ラウンドを戦う石川。スタートホールとなった10番(パー5)では、セカンドショットでOBを叩き、5オン2パットのダブルボギーとこの日も苦しいスタートとなっている。国内ツアーに復帰してここまで3戦連続で予選落ちとなっており、まずは予選通過圏内まで巻き返したいところだ。
初日を終えた時点で5アンダーの単独首位に立っているのは、ツアー未勝利の33歳・中島徹。1打差2位タイに武藤俊憲、星野英正、ソン・ヨンハン(韓国)、チャン・キム(米国)、マシュー・グリフィン(オーストラリア)、2打差7位タイに池田勇太、パク・サンヒョン(韓国)、藤田寛之がつけている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

石川遼は2発のOBで出遅れ 4戦連続予選落ちの危機に
池田勇太は2年連続賞金王に向けて「勝たなければいけない試合」
星野英正、衰えを認識して思うこと「ゼロに戻りたい」
武藤俊憲、会心のイーグル締めで2位発進「“秋口の武藤”ですから」
石川遼に何が起こっているのか、田中秀道はこう見る