ビッグ3招集外も… AFC公式がハリルJの戦力を評価 「陣容が弱体化を意味するわけではない」

写真拡大

長年に渡って代表を支えてきた香川、本田、岡崎が招集外の影響はあるのか

 ハリルジャパンが臨む11月シリーズのブラジル戦(現地時間10日)、ベルギー戦(同14日)は、バヒド・ハリルホジッチ監督がMF香川真司(ドルトムント)、FW本田圭佑(パチューカ)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)の3人を選外にし、各国メディアでも大きく報じられるところとなった。

 AFC(アジアサッカ―連盟)公式サイトでも同様に特集されているが、弱体化には当たらないと見られている。

 記事では、10月シリーズのニュージーランド戦(○2-1)、ハイチ戦(△3-3)の結果に触れると同時に、そこで招集されていた香川が外れ、そして10月も招集外となっていた本田と岡崎も再び呼ばれなかったことを明記。同時に、今回が代表初招集となるMF長澤和輝(浦和レッズ)、代表経験の少ないDF車屋紳太郎(川崎フロンターレ)、DF三浦弦太(ガンバ大阪)、FW杉本健勇(セレッソ大阪)と言った面々が並んだと紹介している。

 長年に渡って日本代表を支えた“ビッグ3”がメンバー入りしないなか、南米と欧州の強豪相手に挑む構図となるが、同サイトではその影響についても分析している。

AFCは12人の欧州組を呼んでいる点に着目

「しかしながら、ハリルホジッチ監督はこの2試合の親善試合に向けて、12人の欧州組を呼んでいるように、日本の陣容が弱体化したことを意味するわけではない」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では、FW大迫勇也(ケルン)やFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)らが存在感を示し、本大会出場を決めたオーストラリア戦ではFW浅野拓磨(シュツットガルト)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)のリオ五輪世代コンビが躍動した。DF吉田麻也(サウサンプトン)やDF長友佑都(インテル)、MF長谷部誠(フランクフルト)が中軸に君臨しながらも、人選を変えて戦ってきたことを把握しているからこそ、弱体化ではないと強調したようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images