拭いてもムダ! コップの輪ジミを簡単に落とす唯一の方法はコレです

写真拡大 (全10枚)

テーブルにしみついたコップの輪ジミ。拭いても拭いても浮き上がってきて、困りもの。どうにかしたい! という方に、手軽にできる方法をご紹介します。


大がかりな道具は必要なし
輪ジミは気軽に消せます


木製のテーブルに水滴のついたコップを置きっ放しにして、輪ジミがついてしまったことありませんか? この輪ジミ、濡ふきんで拭くとそのときは消えても、乾くとまた浮き上がってきて、見た目も悪くて、困ってしまいますよね。



でも、じつはこれ、意外とカンタンに消すことができるんです。使うものも手軽に手に入るので、思い立ったらすぐにできちゃいます。あきらめていたという方に、ぜひ試してみて欲しいワザです。


しみついた輪ジミは
耐水ペーパーで削る!


輪っかジミを落とすには、削るしか方法はありません。削るというと大変そうに感じますが、耐水ペーパーとメラミンスポンジがあればできちゃうのでご安心を。削ったあとは、シート状のワックスででコーティングすればいいだけです。

用意するのはこちら。

[〆錣襪燭瓩忙箸Ε▲ぅ謄燹



TRUSCO
耐水ペーパー
購入価格:380円



耐水ペーパーは、目の細かいものを用意しましょう。#1000〜#2000番くらいが最適です。今回は#2000番を使いました。



こちらは#320番で目が荒すぎます。番号が少ないほど、荒くなりますのでご注意くださいね。その他、メラミンスポンジも用意しておきましょう。

[▲魁璽謄ングするアイテム]



リンレイ
つやピカワックスシート
購入価格:206円

どれも手軽に手に入ります。では、準備ができたらはじめていきましょう。

[手順 和竸絅據璽僉爾任海垢



輪ジミの部分を削ります。スポンジに巻くと使いやすいです。

[手順◆魯瓮薀潺鵐好櫂鵐犬任覆蕕



輪ジミが薄くなったら、耐水ペーパーで粗くなった木目をメラミンスポンジでならしていきます。

[手順]コーティングする



木目をならしたら、ワックスシートで拭いてコーティング。その後しっかり乾燥させます。削りっぱなしは汚れの悪化につながりますので、この工程は必ず行ってくださいね。



もとの輝きが出現しました。輪ジミはまた出てきてしまうので、定期的にオイル補給したり、コーティングするなどメンテナンスをお忘れなく!

やっかいそうに思える輪ジミも、自分でメンテナンスできちゃいますので、ぜひ試してみてください。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。