元THE BOOMの長男・宮沢氷魚『コウノドリ』撮影の日々は「夢のよう」

写真拡大

「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして活躍する宮沢氷魚(みやざわ・ひお)さんが、TBS系連続ドラマ『コウノドリ』(毎週金曜22:00〜)にて俳優デビュー。“最強塩顔男子”と表される端整なルックスと、新人ならではの瑞々しい演技で話題を呼んでいる。

本作は、「モーニング」(講談社)で連載中の鈴ノ木ユウによる同名漫画の実写化第2弾。主演の綾野剛さん演じる、ある時は冷静な判断力と患者に寄り添うことをポリシーとする産婦人科医・ 鴻鳥サクラを中心に、産科医療のリアルな現場が描かれている。綾野さんのほか、松岡茉優さん、吉田羊さん、坂口健太郎さん、星野源さん、大森南朋さんといった豪華メンバーが顔を揃える。

宮沢さんが演じている赤西吾郎は、産科医の息子で、父に複雑な思いを抱く研修医。親と同じ産婦人科医になることに抵抗があり、どの科を選択するのか決めかねている役どころだ。

宮沢さん自身も、父親がTHE BOOMのボーカルとして活躍した宮沢和史で、吾郎と同じく“ジュニア”という立場。今回は、吾郎の苦悩や葛藤が描かれる第4話(11月3日放送)を前に、俳優デビュー作となった本作への思い、役との共通点、そして今度の展望などを語って頂いた。

――『コウノドリ』が俳優デビュー作となりましたが、出演が決まった時はどんな気持ちででしたか?

前作の大ファンだったのですが、まさか自分が続編に出られるとは思っていなかったのですごく嬉しかったです。キャストにも大好きな方が勢揃いしているので、現場に来るのがとても楽しみで、今は夢のような日々を送っています。

――本格的な演技は今回が初挑戦だそうですね。手応えはいかがですか?

最初はとても不安でしたが、ようやく最近慣れてきて、今は程良い緊張感で演じることができています。

――放送を見ての感想は?

第1話は3回見たのですが、1回目はちゃんと見られなくて。自分が映ると「あ、出てきた……!」みたいな(笑)。3回目でようやくきちんと見られました。自分としては、研修医らしさが出ていると思えたので少し安心しました。

――Twitterでの反響もすごかったですね。

作品自体の期待値がとても高いので、新キャストとして参加させてもらうことに対する恐怖があったのですが、たくさんのコメントを頂けてとても嬉しかったです。「すごい研修医感出てますね」とか「かっこいいです」などと言って頂けて、本当に気が楽になりました。友人の中にも見てくれた人がいて、「すごく良かったよ」とか「良い感じだったね!」というメッセージをたくさんもらえました。何年も話していない人からも連絡が来て、「みんな応援してくれてるんだな」と思うことができました。

――宮沢さん自身もお父様がトップアーティストという“ジュニア”ですが、役柄を聞いた時はどう感じましたか?

強い親近感を覚えました。境遇が似ているので、自分のことのような気がしています。台本を読んでいても、スムーズに吾郎の気持ちがわかるんです。二世ならではの悩みや気持ちは、実際に経験している僕自身がよくわかっていると思う。なので、なるべくありのまま、「自分ならこう思う」という気持ちを忘れずにやっています。

――ご自身も葛藤を抱えていたことはありますか?

中学の頃は特にありました。例えば、運動会でみんな親が来ているのに、自分の親はライブツアーに出ているので来てくれないとか。その時感じた芸能界に対するネガティブな感情は、吾郎の「産科医になるつもりはない」という思いと似ていると思います。得してきたこともあるかもしれないけど同じくらい大きなプレッシャーもあるので、そこをうまく吾郎と照らし合わせて演じています。