義足の陸上選手・中西麻耶『陸王』でテレビドラマ初出演「大変嬉しい」

写真拡大

北京、ロンドン、リオデジャネイロと3大会連続でパラリンピック出場、世界パラ陸上では女子走り幅跳びで銅メダルを獲得した、日本記録・アジア記録保持者の陸上選手・中西麻耶が、11月5日に15分拡大で放送される連続ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00〜)第3話に出演することがわかった。中西にとって、これがテレビドラマ初出演となる。

役所広司主演の本作は、会社の存続を危ぶむ老舗足袋業者が、培った技術を活かして“裸足感覚”を追求したランニングシューズ「陸王」の開発に挑戦する姿が描かれる企業再生ストーリー。

1985年生まれの中西は、2006年に仕事中の事故で右膝から下を切断。翌年、義肢装具士の臼井二美男さんとの出会いをきっかけに陸上競技を始め、同年10月には100m走、200m走で日本記録を樹立、障がい者アスリートとして鮮烈なデビューを飾る。さらに2009年9月のジャパンパラリンピックでは走り幅跳びでも日本記録を樹立した。2016年5月には第27回日本パラ陸上競技選手権大会に出場し、走り幅跳びにおいて5m51cmで優勝。自己の持つアジア記録・日本記録を更新した。

そんな中西は、本作で、竹内涼真演じるダイワ食品陸上競技部の茂木裕人に取材を依頼する記者・島遥香を演じる。中西は「ドラマは未知の世界だったので、すべて手探りで、最初はどうしたらいいのかわかりませんでした。陸上選手としては、陸上にフォーカスされたドラマを作っていただけていることに、仲間と“嬉しいよね”と話しますし、その一部に携われることは大変嬉しく思っています。2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、これからいろんな方が動くと思いますが、足袋と陸上は普通に考えたらイコールではないけど、足袋屋の角度から陸上に関われることを発見できたからこの作品があるんだと思います。このドラマは、何か自分にできることがあるんじゃないかと思ってもらえる作品。私にとって『陸王』は、陸上の練習をしていて背中を押してもらえる存在です」と熱く語っている。