『わろてんか』第30話では、啄子(鈴木京香)がてん(葵わかな)を拒絶 嫁には認めず

写真拡大

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『わろてんか』。明日放送の第30話では、てん(葵わかな)が啄子(鈴木京香)に拒絶されてしまう。

参考:松坂桃李、お茶の間とスクリーンを制す! 『わろてんか』から『かの鳥』まで驚異の振り幅

 第29話では、てんと藤吉(松坂桃李)がキース(大野拓朗)たち芸人が披露してくれた芸を見て、久しぶりに笑い、幸せを感じる模様が描かれた。第30話では、てんが、米屋はあきらめて寄席経営を始めようと啄子に提案するも猛反対にあう。啄子が北村家代々の先祖に泣いて謝る姿を見たてんは、北村家の嫁として厳しく指導して欲しいと頼み込むが、「てんを藤吉の嫁と認めない」と拒絶されてしまう。

 本作は、笑いをビジネスにした日本で初めての女性「吉本興業」の創業者・吉本せいをモデルとした藤岡てんの一代記を描く“愛と笑い”の物語。明治から昭和初期の大阪を舞台に、主演の葵わかなをはじめ、松坂桃李、濱田岳、高橋一生、遠藤憲一、鈴木保奈美、鈴木京香、大野拓朗、広瀬アリス、藤井隆らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)