本を手にして笑顔の高山一実

写真拡大

創刊46周年を迎えた講談社文庫が、乃木坂46とコラボレーションフェアを展開することが明らかとなった。メンバー一人一人が46作品のカバーに起用されるという。

【写真を見る】全身パネルにサインを入れる高山一実

キャンペーン初日となった11月2日には、乃木坂46メンバーの中でも随一の本好きで知られる高山一実が、都内の書店を訪問。キャンペーンの感想や本に対する思いなどを語った。

高山は「大好きな本と、こうしてお仕事で手を携えることができてすごくうれしいです。私は本に関係する仕事が好きですし、メンバーには読書好きの子も多いので、みんな喜んでいます。

いやぁ、実際の売り場を見て、喜びが倍増しました! こんなにたくさん展開されてるとは思っていなかったので、素直にうれしいです。メンバーもまだ実物を見ていないので、これを見たらきっと驚くと思います」と書店で陳列された本に圧倒された様子。

また自分たちが文庫のカバーに起用されたことについては「申し訳なさもありつつ、なかなかできない経験なので、ありがたい気持ちでいっぱいです」とはにかんでみせた。

さらに「想像の中でしか成立しない物語もたくさんあるし、映像に比べると自由なので、良い意味で現実逃避できるところが、本を読むのが好きな理由です。悩んでいるときやつらいときに小説を読むと、ストレス発散にもなるし、そういうところが素晴らしいなと思ってます」と小説を読むことについての思いを明かした。

最後に「本の好きな方、本が苦手な方、どれから手に取っていいか迷っている方も、みんな、まずは推しメンが表紙になっている作品を手に取ってもらえたら、読書へのいい入門編になると思います。ぜひ、本屋さんに足を運んでいただけたらうれしいです!」とメッセージを送った。