日本で最も長く続くテレビ料理番組として知られる、NHKの『きょうの料理』。1957年11月4日に放送が始まって60年となる2017年11月4日、60年の歴史を振り返る生放送特番『祝60歳 きょうの料理 伝説60』が14時からNHKEテレで放送されます。60年の中で起きた様々な「伝説」が今よみがえる!?

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 日本のテレビにおける料理番組のパイオニア、『きょうの料理』は1957年11月4日に放送がスタート。村上信夫(帝国ホテル料理長)、小野正吉(ホテルオークラ総料理長)という日本におけるフランス料理の二大巨頭や、日本に麻婆豆腐を伝えた『四川飯店』の陳健民、裏千家の懐石料理を伝える『辻留』の辻嘉一など、当代一流の料理人や料理研究家が家庭の主婦向けに料理を教える、という画期的な番組でした。

 以来60年、これまで様々な企画や料理が登場してきました。その数々の伝説、講師の名言、名調子、そしてハプニング(初期は生放送、収録になっても基本的に無編集でそのまま放送される)……。それを一気に公開しようというのが生特番『祝60歳 きょうの料理 伝説60』という訳です。放送時間も60年にちなんで60分。

 生放送中、視聴者からのメッセージも番組ホームページから、もしくは番組公式Twitter(@nhk_ryouri)で募集します。Twitterで投稿する際は、公式アカウントの投稿に返信するか、ツイートに「@nhk_ryouri」とつけて投稿してほしいとのこと。ハッシュタグではないので注意が必要です。

 また、番組ホームページでは10月2日から11月4日まで『\もう一度みたい!/平野レミの伝説レシピ』として、過去に番組で平野レミさんが披露した斬新な料理4種から、もう一度見たい料理をアンケートで募集しています。その料理は……

・講師として初出演した『レミ風トマト炒め』(1985年)トマトを握りつぶす調理法
・口内調味を最大活用した『ごっくんコロッケ』(1994年)食べると口の中でコロッケに!
・逆転の発想『さかさまシューマイ』(1995年)包むのが面倒なので皮を上にのせちゃう!
・魚を直立させた『おったて鯛(1997年)』

 アンケートで1位となった料理は、生放送中に平野レミさんが再現してくれる予定です。なんだろう……嫌な予感しかしないけど、オラもうワクワクすっぞ!

 歴史を振り返りつつ、生放送で攻めの姿勢を見せ続ける「きょうの料理」。11月4日14時から、NHK教育テレビに注目です。

※画像はNHK『祝60歳 きょうの料理 伝説60』番組ページのスクリーンショットです。

(咲村珠樹)