豊田自動織機の事業は、トヨタグループを祖である豊田佐吉から始まった繊維機械部門のほか、自動車部門、フォークリフトなどの産業車両部門に大別されます。

今回の東京モーターショーでは、世界ナンバー1、世界シェア43%というカーエアコン用コンプレッサーにフォーカスし、カーエアコンの仕組みから最新技術まで展示。

豊田自動織機によるコンプレッサー事業は、1981年の10気筒斜板式固定容量コンプレッサー(10気筒化により高い静粛性を実現し、小型・軽量化も両立)、1995年の片側斜板式可変容量コンプレッサー(コンプレッサーの容量を抑制し、エンジン負担を軽減、燃費向上に寄与)、2003年の電動コンプレッサー(量産車世界初の電動コンプレッサーで、2代目プリウスに採用)、2017年のガスインジェクション機能付電動コンプレッサー(氷点下でもエンジンを始動させずヒートポンプ暖房が可能。新型プリウスPHVに採用)と、業界をリードする技術を送り出してきました。

今後は、EVシフトに対応すべく、電動コンプレッサーの進化を図り、EVの電費向上、静粛性と搭載性の向上を図るのが狙いだそう。東京モーターショーでは、2025年の実用化を目指し、現行製品よりも1/2まで小型、軽量化を果たしたいとしています。

(文/写真 塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】豊田自動織機が「EVシフト」に対応するカーエアコン用電動コンプレッサーのコンセプトを披露(http://clicccar.com/2017/11/03/527859/)