「重要参考人探偵」に出演する(写真左から)新木優子、古川雄輝/(C)テレビ朝日

写真拡大

11月3日(金)に第3話が放送されるドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15-0:15※一部地域では放送時間が異なる、テレビ朝日系)。主演の玉森裕太や、共演する小山慶一郎、新木優子、古川雄輝が撮影現場の裏話や、自身の役どころについて語り合った仲の良さが伝わる“ほっこり”座談会の前編をWEBで公開! 

【写真を見る】11月3日放送の第3話では、滞在するロッジで密室殺人が発生するのだが…/(C)テレビ朝日

同ドラマは、絹田村子原作の同名漫画を初映像化した本格ミステリー&コメディー。いつも死体を発見してしまう不幸体質の持ち主・弥木圭(玉森)、モデル仲間で推理マニアの周防斎(小山)、同じくモデル仲間で女好きで聞き込み上手なシモン藤馬(古川)の“イケメンモデルトリオ”が、圭が重要参考人として連行されてしまうまでに真犯人をみつけるべく奔走。さらに、圭の元恋人で捜査一課の刑事・早乙女果林(新木)も事件を追う。

■ 毎話登場する決まり事を毎回違うように見せたい[玉森]

――まずは、個性的なキャラクターを演じるみなさんですが、役作りで気を付けている部分や苦労する点を教えてください。

玉森:僕は死体を発見する、そして叫ぶ、推理をするっていう決まり事が毎話同じことが多いんですね。でも、毎回同じことやっても楽しめないなと思うし、同じことでも試行錯誤しながらちょっとずつ変えて、毎回違うように見せたいです。すごく大変ですけど、充実はしてます。優しい監督なので、撮影前に自分の中でたくさんのパターンを考えておいて、監督に見せてみて「これならいいね」って言っていただいたものにしています。

小山:推理オタクという役柄なので、せりふは多いときは多いです。それに、推理オタクのスイッチが入った斎が、空回りしていないように見えつつ、実は空回りしているという…。斎の一生懸命さや推理が当たっているのかどうかも見どころのひとつなので、ぜひ注目していただきたいです。僕は役作りが難しいというより、かなり楽しませてもらっています。現場でいろんなことを提案してやってみたり。でも、この前はやり過ぎだと言われて、せりふをひとつやめました(笑)。足し算よりは引き算の方が楽だと思いますし、これからもどんどん試してみようと思っています。

新木:刑事らしさを出すことに難しさを感じています。実際に、犯人を追いかけたり、上司からも冷や飯を食わされている部分があったり、撮影でもあっちに行ったり、こっちに行ったりと体力的に大変ですね。それに、最初は3人との距離感が難しかったんですが、最近ではなんとなくつかめてきたので、馴染んできたんじゃないかなと思っています。

古川:僕が演じるシモンはテンションが高めな役どころなんですね。でも、事件を扱う作品ですので、シリアスなシーンもある。だから、どれだけシモンが騒いでいていいのかという具合が難しいですし、実際に現場を目の当たりにしたら…と思うと、キャラクターとリアルを考えてどこまで役をやるかという部分が悩みどころです。現場で監督と相談しながら演じています。

■ かつらをかぶらないとちょっと恥ずかしくて(笑)[古川]

――では、皆さんが役に入られるスイッチやタイミングはどのような感じなのでしょうか?

玉森:基本的には、現場に入ればスイッチは入ります。でも、僕の演じる圭は毎回死体を絶対見つけてしまうので、そういうシーンを撮影すると、圭を演じている実感が湧きますね。そこで気合も入ります。

小山:斎はくるくるヘアーと眼鏡という分かりやすいアイテムがあるので、メイクをして髪をセットして眼鏡をつけた瞬間にスイッチが入ります!

新木:刑事役なので、スーツを着たときに「よし、頑張ろう!」って思います。それに、警察手帳を掲げた瞬間はとても刑事らしくて、またそこでもスイッチが入りました。

古川:僕はかつらですね。かつらをかぶらないとちょっと恥ずかしくて(笑)。自分からかけ離れている役柄なので、リハーサルからかつらをつけて、シモンになりきって演じています。

■ ふるぽんが差し入れしてくれたラスクがおいしかった[玉森]

――ちなみに、撮影現場でおいしかったものがあれば教えてください。

玉森:皆さんこだわりを持ったお菓子など、いろんなものを差し入れてくれるので、いつも全部おいしいです。その中でも…ふるぽん(古川)が差し入れしてくれたラスク! ラスクがすごくおいしかったです。

小山:ラスク!? 俺、食べてない…。

玉森:うまかったです、いっぱい食べちゃいました(笑)

古川:でも、特にこだわりのラスクっていうわけでは…。

玉森:え!?(笑) そこはこだわってるって、そういうことにしておいてよ(笑)

古川:…こだわってます!(笑)

小山:そうそう、それでいいんです!(笑)

新木:アイスもおいしかったですよ。(第3話の)ロケ先のロッジでご夫婦で作ってらっしゃるアイスクリームなんですが、その日はチョコチップとりんご味がありました。

玉森:おいしかったね!

新木:実は10種類くらいあるみたいで、つい先日もスタッフさんや監督さんとみんなでじゃんけんして、監督にごちそうしていただきました。また、違う味も楽しめたので、次に行った時もまた食べたいです!

小山:僕とふるぽんはアイス知らないよね。

古川:食べてないですね…。

小山:ラスクも食べたかった!(笑)

――では、皆さんで食事に行くとしたら?

小山:やっぱり、焼き鳥かな? 僕たちは体を作っているのでね…。たんぱく質摂取のために鶏肉食べないと!

玉森&古川:(笑顔で頷く)

小山:新木さんは、大丈夫?

新木:焼き鳥大好きです!

玉森:じゃあ、今度みんなで行きましょう!

■興味深い話が続く座談会ですが、今日はここまで! 続きは、11月10日(金)朝7時アップ予定の後編に掲載します。次回もお楽しみに!

■ 第3話(11月3日[金]放送)あらすじ

雑誌のアウトドア企画で、登山をしにきた圭(玉森)と斎(小山)、シモン(古川)は、撮影終了後に編集者やカメラマン達と一緒に、山中のロッジに泊まることになる。しかし、そこにはひどく無愛想な管理人(敦士)とその妻(笛木優子)が…。更にそのロッジには、なぜか立ち入ることを禁止された部屋が一部屋あった。

捜査一課の登(豊原功補)の指示で、圭の行動を監視するために山に来ていた果林(新木)も一緒に泊まることになるが、突然の悪天候で翌日下山できない可能性が浮上。不安を抱えたまま眠りにつく一同だったが、どうにも熟睡できない圭は、たまたま扉が開いていた立入禁止の8号室に入り、内側から鍵をかけた上で、そこで寝直してしまう。

翌朝、目覚めた圭は寝ていたベッドの下で、コーディネーターの天川哲也(生津徹)が死んでいるのを発見! 部屋は圭が自ら鍵をかけてしまったため、完全密室で天川の死体とふたりきりという状況。当然、圭は疑惑の目を向けられる! しかも8号室の鍵は部屋の中にあり、ますます圭はピンチに陥ってしまう。そんな状況を打開しようとする斎とシモンは、8号室の床に犯人のものと思われる血痕を見つける! 

宿泊客の中に傷のある人物はいないか、全員のボディーチェックをしてみるものの、犯人の目星はつかないまま。このままでは犯人にされてしまうと焦る圭は、宿泊客以外に外部から何者かが侵入した形跡がないかロッジの周辺を捜索するが…!?