渋谷PARCOアートウォールが再登場

写真拡大

2016年8月、建て替えのため43年の歴史に一旦幕を下ろした渋谷PARCOパート1とパート3。その建て替え中の工事囲いに、「AKIRA(アキラ)」をデザインした、約50mもの巨大なコラージュアートウォールが再登場した。

【写真を見る】ダイナミックに描かれた「AKIRA(アキラ)」は、2019年夏頃まで見ることができる

5月に続きリニューアルした今回も、世界的アーティストである漫画家・映監督の大友克洋氏の代表作「AKIRA(アキラ)」を題材に、大友氏と共同制作をしている河村康輔氏がコラージュを制作。“ジャパニメーション”と呼ばれる日本国外における日本アニメムーブメントの先駆けとなった作品をダイナミックに掲出し、国内外への渋谷文化の情報を発信している。

掲出期間は渋谷PARCOが完成する2019年夏頃まで。新生渋谷PARCO出店予定地を囲う、ペンギン通り、公園通り左手、公園通り中央、公園通り右側の4か所に、期間中に3回デザインが切り替わる予定だ。エンタテインメントシティの渋谷らしい、話題性、アート性のある「AKIRA(アキラ)」コラージュ・アートウォールをぜひチェックしよう!【ウォーカープラス編集部】