元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演するネットテレビ『72時間ホンネテレビ』の放送が2日、始まった。番組冒頭では、テーマソングである「72」を歌唱する3人の姿が映し出され、久しぶりの歌唱シーンにファンからは感激の声が相次いで挙がった。=写真・72時間ホンネテレビ(C)AbemaTV=

 2日午後9時に始まったインターネットテレビ局・AbemaTVの『72時間ホンネテレビ』。その冒頭で、稲垣、香取、草なぎの3人がテーマソング「72」を歌唱するレコーディング風景が映し出された。

 軽快なギターサウンドなどのメロディが流れるイントロ。そして、<ありがとう 新しい この場所が 好きになった>と始まった歌詞は、<風通し いい感じ ありのまま 伝えたい><僕が72時間も 眠らずにいたら><僕が72時間も しゃべり続けたら><君も心配するかな>と続き、それぞれのパートごとに優しい声で歌い上げた3人は、サビ部分で声を合わせ、爽やかな歌声とともに72時間に及ぶ長丁場をスタートさせた。

 このオープニングの歌唱シーンを確認した視聴者は、ツイッターなどSNS上に歓喜の声を続々と挙げた。

 ツイッター上には「あぁぁあ やっぱ3人の声最高!」「3人の歌を聴いただけで泣きそうなんですけど…」「声いい!」「素敵な歌でした」「ありのままの思いが伝わるようだったなー」と3人の歌声、歌詞、サウンドに魅了される人が続出した。

 さらに、「久しぶりの歌声は、やっぱりSMAPだなぁ〜〜」「3人が歌うとね、2人足りないけどね。SMAPの歌に聴こえるのね」「3人だけの声なのに、曲調も歌詞もどことってもSMAP」などと、改めて“SMAP”を感じる人も多く見られている。

 また、3人の歌声を予期していなかった視聴者もいたようで、「まさか3人の歌が聞けるなんて」「また3人の歌聴けるなんて嬉しすぎる…」などと驚きつつも感激し、「今後も3人で歌を歌うならCD化、お願いします」と早くも願望が飛び出ている状況だ。

 番組はスタート後、ロック歌手・矢沢永吉の応援メッセージをはじめ、堀江貴文氏のSNS講座を開催。さらに、オープニングパーティーには元大阪府知事の橋下徹氏、元プロテニス選手の伊達公子さんら多くの著名人を集めて開かれた。【朝倉浩正】