(写真提供=SPORTS KOREA)東方神起

写真拡大

格差社会が何かと問題視されている韓国だが、最近は芸能界でも“勝ち組”と“負け組”の差が顕著に表れているらしい。

韓国芸能界も所得格差が深刻なのだ。

10月17日、国会企画財政委員会のパク・グァンオン議員によって公開された国税庁の資料によると、韓国芸能界の上位1%に当たる歌手46人は平均42億6400万ウォン(約4億2640万円)、俳優158人は20億800万ウォン(2億80万円)、モデル82人は5億4400万ウォン(約5440万円)の年収を稼ぐという。

最近、日本でも本格的に活動を再開した東方神起などは、間違いなくこの上位1%に入るだろう。

何しろ彼らの活動再開によって、所属するSMエンターテインメントの今年下半期売り上げ予想が1940億ウォン(約194億円)にもなるといわれているのだ。仮にその5%が彼らの収入になったとしても、「上位1%」のトップクラスになる。

財テクに勤しむK-POPアイドルたち

しかも、最近の芸能人たちは本業の収入だけでなく、副業や財テクに勤しむ者も少なくない。

よく耳にするのは、“不動産投資”だろう。

実際に元KARAのク・ハラやハン・スンヨン、“国民の初恋”と呼ばれるMissAのスジなど、若くして人気を獲得したK-POPアイドルたちがビルを買い取り、賃貸収入を得ているのは周知の事実でもある。

上位10%まで範囲を広げれば、歌手は7億3200万ウォン(約7320万円)、俳優は3億6700万ウォン(約3670万円)。一般庶民の感覚では、ただただ凄いとしかいいようがない金額だろう。

モデルやレースクイーン業界も格差くっきり

ちょっと古くなるが、昨年10月に韓国統計庁が発表した「2016年上半期地域別雇用調査・就業者の産業と職業別特性」資料によると、韓国に1946万7000人いるサラリーマンのうち、月収「100万ウォン(約10万円)未満」が11.2%、「100〜200万ウォン未満」が34.6%を占めるという。

つまり、韓国サラリーマン全体の45.8%が200万ウォン(約20万円)未満の月収で働いているというわけで、そんな庶民の立場からすると韓国芸能界の上位10%は、“大富豪”のように映る。

ところが、それはあくまでも上位10%の話に過ぎない。

上位10%に含まれない大多数の芸能人たちは、一般的なサラリーマンよりも低い年収を得ている場合が多いというのだ。

というのも冒頭で紹介した国税庁の資料によると、下位90%に当たる歌手の平均年収は870万ウォン(約87万円)、俳優は620万ウォン(約62万円)だったという。つまり、年収100万円にも満たないのだ。

モデルに至っては年収270万ウォン(約27万円)という深刻なレベルで、その仕事だけで生計を立てるのはどう考えても無理だろう。

中国人実業家と結婚したシンデレラもいるが…

モデルの中には、その豊満ボディが中国人実業家の目に留まり、結婚までしたムン・セリムのようなシンデレラもいるが、大半が本業のモデルだけでは生活できないといわれている。
(参考記事:ダイエットしても落とせなかった!? 艶めく“Eカップ”レーシングモデル、ムン・セリム

レースクイーン業界でも超トップクラスになると年間1億ウォン(約1000万円)ほど稼ぐ者もいるが、平均すると3000万ウォン〜4000万ウォン(300万円〜400万円)ほどで、年齢が30代になると賞味期限が切れるというのだ。

ちなみに男女の格差もあった。男性歌手は女性歌手より約2.8倍、男性俳優は女優よりも約100万円ほど収入が多い。ただ、モデルの場合は女性のほうが男性より20万円ほど多かった。

上位1%が、下位90%の324倍の所得を得る韓国芸能界。両極化が激しく、チャンスの少ない韓国芸能界だけでは先行きが暗いので、多くの韓国芸能人たちが日本や中国といった海外に目を向けるのも当然かもしれない。

(文=慎 武宏)