【詳細】映画『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』予告編はこちら

ドラマ、配信、コミック、SNS、アルバム、ドームツアー、そして映画と、数多くのメディアやエンタテインメントを巻き込み展開する、世界初のプロジェクト『HiGH&LOW』。今年の8月19日には、映画第3弾である『HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY』が公開され、『HiGH&LOW』プロジェクトは累計500万人超えの動員となった。

そんな日本中が熱狂した『HiGH&LOW』シリーズがついに完結。そして、シリーズ最終章となる『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』(11月11日公開)の“超”完成披露試写会が、11月2日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された。

当日は黒木啓司、鈴木伸之、町田啓太、窪田正孝、山田裕貴、鈴木貴之、一ノ瀬ワタル、柳俊太郎、廣瀬智紀、西川俊介、西村一輝、青木健、清原翔、陳内将、佐野玲於、佐野岳 、阿部亮平、小澤雄太、水野勝、田中俊介、守屋光治、井澤勇貴の豪華22名のキャスト陣が登壇し、同作の見どころや撮影中の裏話を語った。

※「柳俊太郎」の「柳」は、俗字が正式表記。

【オフィシャルレポート】

Q:(黒木、柳、鈴木(伸)、町田への質問)今回の映画のタイトル『FINAL MISSION』ということで、シリーズを振り返って、撮影や宣伝で達成できた“ミッション”はありますか? また、今後、『HiGH&LOW』で挑戦していきたい”ミッション”を教えてください。

黒木:個人的には、街中ですれ違う人に「ROCKY!」と声をかけてもらうことが増えたので、この作品を通してROCKYというキャラクターを広く認知してもらえているのがうれしかったです。

柳:黒木さんと一緒にお酒を飲みに行くというミッションは達成できました。(黒木は)お酒が強くて、ひと晩で5〜6軒回ったんですが、まさに「パーリィータイム」という感じでした(笑)。

鈴木(伸):僕は山王連合会のメンバー全員でバイクに乗るというミッションが達成できてうれしかったです! 乗り慣れている人はかっこよく映ってるんですが、町田くんは今回初めてのバイクシーンだったので、背中に定規がはいってるんじゃないかと思うくらい背筋が真っ直ぐで、総長(岩田剛典)がこれまでにないくらい笑ってました(笑)。

町田:しっかりと定規がはいってましたね(笑)。がん(岩田剛典)があんなに笑ってるのは初めて観ました。『MOVIE2』でノボルとフォー(関口メンディー)が闘っているシーンがあるんですが、メンディーとの体格差がありすぎて、全然動かせなかったので、今後は「メンディーを倒す」というミッションに挑戦したいです(笑)。

Q:(窪田、佐野(玲)、佐野(岳)への質問)前回の舞台あいさつでもRUDE BOYSは本当の家族のようなチームの仲の良さを感じましたが、これまで撮影現場でチームで協力して乗り越えてきた出来事はありますか? また今回はスモーキーのピンチも訪れますが、3人にとってスモーキーとはどのような存在でしょうか?

窪田:『HiGH&LOW THE MOVIE』の撮影のときは、スモーキーとタケシが協力して撮影するアクションシーンがありましたね。スモーキーももちろんですが、この映画に出てくるキャラクター一人一人、「男性に好かれる男性像」が描かれていると思います。僕自身そういう男性に憧れているので、スモーキー役としてこのシリーズに携われてとてもうれしく思っています。

佐野(玲):窪田さんは普段チャーミングな方ですが、映画の中ではスモーキーとして説得力のあるお芝居をされているのがすごいなと思います。

佐野(岳):僕の演じたユウという役は、たがが外れてしまうキャラクターでもあるんですが、ユウのそんな熱い部分をスモーキーが抑えてくれてるという裏設定を作っていました。

Q:(山田、鈴木(貴)、一ノ瀬への質問)鬼邪高校のお三方のコンビネーションは、もはやハイロー名物となりました。撮影でもプライベートでも仲良しということですが、シリーズを振り返って、一番印象深い思い出はありますか?

山田:『HiGH&LOW』はコブラちゃん(岩田剛典)とのタイマンのシーンをはじめ、いちばんが決められないくらい、シリーズすべてが思い出になってます。

鈴木(貴):『HiGH&LOW』シリーズの最初の撮影日がちょうど裕貴くんの誕生日だったんですが、シリーズの撮影を通して一ノ瀬くんの誕生日をお祝いして僕の誕生日も祝ってもらって…というのを3年くらい続けているのがいい思い出です。

一ノ瀬:3年間続いたシリーズなので、どれも印象深いです。アクションもさることながら、九龍との迫力ある対決もあるのが今作の見どころかと思います。九龍との対峙が描かれたシーンを観て諸先輩方の迫力に圧倒されたので、自分もこんな俳優になりたいなと思いました。

Q:(阿部、小澤への質問)クライマックスで達磨一家が見せるサプライズには驚きました。『HiGH&LOW』というお祭りを振り返ってみて、ご自信のいちばん心が躍った思い出はありますか?

小澤:毎回、出てくる瞬間は鼓動が高鳴りました!

阿部:いちばん最初のチーム紹介の場面を撮影する際に、メンバーが20人〜30人いて全員法被を着ている瞬間です! 先日ハロウィンで達磨一家の衣装を来ている人を見かけたのですが、テンションがあがってしまい、思わず声をかけてしまいました!

Q:(SMG<廣瀬、西川、西村>三中トリオ<青木、清原、陳内>、達磨ベイビーズ<水野、田中、守屋、井澤>への質問)本作ではSWORD最大のピンチが訪れますが、今回の撮影現場で皆さん最も”ピンチ”だったことは何ですか?

廣瀬(SMG代表して回答):アクションシーンで鼓動が高鳴りすぎていたので、「パーリィータイム」と言う自分の心の中の声が、黒木が言う前に漏れそうになったときはピンチでした(笑)。

田中(達磨ベイビーズ代表して回答):撮影現場のケータリングの豪華さがすごくて、思わず食べ過ぎて3キロ太ってしまったので、ピンチでした(笑)。

Q:最後に 来場した観客へ締めの挨拶。

黒木:皆さん、本日はありがとうございます! この作品は3年かけた集大成となっております。ロッキーというキャラも3年間で成長できましたし、自身も成長しました。エンディングでは、スタッフからのあったかいメッセージ等も描かれているので、ぜひ最後までご覧いただければと思います。



映画情報



『HiGH&LOW THE MOVIE 3 / FINAL MISSION』

11月11日(土)全国ロードショー

(C)2017「HiGH&LOW」製作委員会

『HiGH&LOW』OFFICIAL WEBSITE

http://high-low.jp