ルークがダークサイドに? 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』新ビジュアル&メイキング映像

写真拡大

 12月15日に公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』より、新ビジュアルとメイキング映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描くアクション大作。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーと出会ったレイの新たな物語が描かれる。

 今回公開された新ビジュアルでは、青いライトセーバーを持った主人公レイや、レジスタンスの指揮官であるレイアが描かれるライトサイドと、カイロ・レンが赤い十字のライトセーバーを構えるダークサイドの、光と闇が対に写し出されている。旧三部作の主人公であり、人々の希望であったはずのルークの姿が、光と闇の両サイドに描かれており、謎が深まる衝撃的なビジュアルとなっている。

 あわせて公開されたメイキング映像には、デイジー・リドリーやジョン・ボイエガ、マーク・ハミルらキャストたちが登場。リドリーは「キャラクターたちを新たな方向に進めています」と語り、ボイエガは「各キャラクターの個々のストーリーを高めて、フレッシュで新しいものに」、そしてハミルは「まさに発見の旅」と話しており、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』では、キャストたちでさえも予想がつかない方向に向かっていることが明言されている。さらにライアン・ジョンソン監督は、撮影中にですら衝撃の瞬間が度々訪れると語っている。(リアルサウンド編集部)