香りやボトルのデザインじゃなくて、背景にあるストーリーに惹かれてパフュームを購入したのは初めてです。

なんせ名前が「RENTLESS(レントレス)」です。意味は「ただ暮らし」。

コスメブランド〈LUSH(ラッシュ)〉が、ホームレス俳優タチョワ・コヴィントンにインスピレーションを受けてつくったものです。

僕はこの俳優のことをまったく知らなかったのですが、調べてみると彼はロサンゼルス郊外の廃棄された貯水タンクを根城にしていた模様。そこにはタチョワ自身が拾い集めたさまざまなものがアップサイクルされて、レイアウトされていたそうです。

過去形なのは、すでにタチョワはそこを退去させられているから(つまり、ホームレスなんですね)。

今はなき、タチョワがつくった空間。その心地よさを香りで再現したのが、このパフュームというわけです。

 

さて、肝心の香りですが、個人的な感想は“柔らかい甘さ”。なるほど。外出用というよりは、家でリラックスするのに向いてそうです。

写真の私物はソリッドパフューム(練り香水)ですが、香水タイプとウォッシュカードタイプも発売されています。

興味をそそられた人は、〈LUSH〉の店舗で試してみてください。

公式オンラインショップでも購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。