椎名林檎、セルフカバーアルバム第2弾『逆輸入 〜航空局〜』発売 3年ぶり全国ツアーも

写真拡大

 椎名林檎が、セルフカバーアルバム第2弾『逆輸入 〜航空局〜』を12月6日に発売する。

(関連:椎名林檎という存在の回顧展ーー『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』を観て

 同作は椎名林檎の約3年ぶりとなるアルバムで、2000年から2017年にかけて発表してきた自身の提供曲をセルフカバー。TVアニメ『昭和元禄落語心中−助六再び篇−』の主題歌として林原めぐみ扮する“みよ吉”へ提供した「今際の死神」、TBS火曜ドラマ『カルテット』主題歌のDoughnuts Hole(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)「おとなの掟」などの今年の楽曲から、石川さゆり、栗山千明、柴咲コウ、SMAP、高畑充希、ともさかりえ、深津絵里に提供してきた楽曲を収録。前作『逆輸入 〜港湾局〜』では一曲ずつ別々の編曲家を迎えていたが、今作では各曲に斎藤ネコ、村田陽一、名越由貴夫、朝川朋之を迎えている。

 また、デビュー20周年を迎える2018年、全国ホールツアー『椎名林檎「ひょっとしてレコ発2018」』の開催も決定。来年3月2日川口総合文化センター リリアを皮切りに、5月27日鹿児島市民文化ホール第一まで、全国17会場23公演を予定。ツアー開催も『椎名林檎と彼奴等がゆく 百鬼夜行2015』以来、約3年ぶりとなる。

 なお、『逆輸入 〜航空局〜』初回限定生産盤、通常盤(初回プレス分のみ)の特典として、ツアーチケットの先行予約受付シリアルナンバーが封入される。(リアルサウンド編集部)

※記事初出時、一部情報に誤りがございました。訂正の上、お詫びいたします。