2018年1月のノイタミナは「恋は雨上がりのように」を放送!/(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

写真拡大

2018年1月より“ノイタミナ”枠で放送開始となるアニメ「恋は雨上がりのように」(フジ系)の最新キービジュアルと最新PVが公開された。

【写真を見る】ファミレスで外を眺めるあきらの美麗カットを公開!/(C)眉月じゅん・小学館/アニメ「恋雨」製作委員会

原作は、眉月じゅんによる同名漫画。2014年より連載を開始後、女子高生が中年男性に恋心を抱く“純粋な正統派ラブストーリー”として「マンガ大賞2016」や「このマンガがすごい!2016」オトコ編にランクインした注目作。

陸上部のエースだったが、けがで走ることをやめてしまった橘あきら(17)と、あきらのバイト先のファミレス店長で、夢を諦めた過去を持つ近藤正己(45)が、海辺の街を舞台に物語を織りなす。

原作者である眉月は、「一流の方々の手によって自分の漫画が別の媒体に変換されていく様子はとても貴重で感動的なものでした」と感謝のメッセージをつづった。

また、監督は「映画ドラえもん のび太の恐竜2006」(2006年、東宝)やアニメ「宇宙兄弟」(2012〜2014年、日本テレビ系)などを手掛けてきた渡辺歩。アニメーション制作は、アニメ「進撃の巨人 season2」(2017年、TOKYO MXほか)などに携わったWIT STUDIOに決定した。

渡辺監督は、「この原作の素晴らしさを多くの方たちと共有できるよう、また、どんな人が、どんな時に見ても楽しめ、見た人の心にいつまでも残る作品に仕立てるために、キャスト・スタッフ一丸となり、丹精を込めて制作しております。月並みではございますが、どうぞご期待ください!」とコメント。

さらに、エンディングテーマはCDショップ大賞2017準大賞を受賞したAimerが本作のために書き下ろした新曲「Ref:rain」に決定。本作の世界観に寄り添った、誰もが通った“あの頃”を思い出す、優しく切ないバラードとなっている。

アニメ公式サイトでは、エンディングテーマにのせた最新アニメーションPVが公開中。