画像提供:マイナビニュース

写真拡大

○「コントロールされたフォルダーアクセス」は原因ではない

今回は筆者の失敗談を笑い飛ばしていただきたい。Windows 10の各種設定を変更しながら動作検証していたところ、OneDriveが下図のようなダイアログを示して、同期処理が行われなくなってしまった。

ちょうど「コントロールされたフォルダーアクセス」の設定を試していたため、整合性が取れなくなったのかと勘違い。「コントロールされたフォルダーアクセス」は、ドキュメントフォルダーに代表されるユーザーフォルダーに対して、システムフォルダーと同等の保護能力を提供するというもの。保護対象となるフォルダーの取捨選択は可能だ。

そこで、OneDrive.exeを除外アプリケーションとして指定すればよいと考えたのだが、冒頭で示したエラーダイアログはたびたび現れる。そのうちファイル同期に失敗するようになり、腰を据えて調査したところ、至極簡単なオチだった……。

○アクセス権のないフォルダーが原因

エラーダイアログのメッセージを元にOneDriveフォルダーの検索を行ったところ、合致するフォルダーが存在した。もちろん筆者が作ったものではない。

確認してみると、それは「Windowsフィードバック」が作成したフォルダーだった。中身はMicrosoftに送信するXMLファイルやJSONファイル、スクリーンショットを撮ったPNGファイルなどを含んでいる。

これまでも何度かフィードバックを送信していたため、偶然もしくは仕様変更に伴い、OneDriveフォルダー内のドキュメントフォルダーに保存されたフィードバック情報が,

トラブルの原因だったのだろう。

問題となった「Windows Feedback」フォルダーを削除してからは、OneDriveの動作に支障はなくなった。ちなみに、OneDrive for Businessを併用している場合、単独でOneDriveクライアントを起動するのは少々面倒である。その際は「%LOCALAPPDATA%\Microsoft\OneDrive\OneDrive.exe /client=Personal」と、オプションを追加して実行すれば、OneDrive for Businessクライアントをそのままに、OneDriveクライアントのみ起動可能だ。

阿久津良和(Cactus)