筑波山を模した総重量1kgのメガ盛り丼「とん丼 筑波山」(1600円)

写真拡大

筑波山や磐梯山など、各地のシンボルである「山」に見立てた、味も見た目もインパクト大の絶品“山”メニューを大紹介!

【写真を見る】茨城県行方市産の上質な豚バラ肉を使用している

■ 常磐道友部SA(下り)「とん丼 筑波山」(1600円)

茨城県行方市産の豚バラ肉がなんと16枚! ボリュームはもちろん、特筆すべきはそのうま味で、オリジナルの醤油ダレを絡めて網焼きにした豚肉は脂身まで甘く美味。ふっくらとした八郷産コシヒカリとよく合う。

上質な豚バラ肉を使用

1枚1枚丁寧に網焼きすることにより余分な脂が落ち、食べやすい脂身に。

ご飯と豚肉の間にキャベツをはさむ3層構造が食べやすさを向上させ、飽きない味に。

■ 磐越道磐梯山PA(上り・いわき方向)「磐梯山かつカレー」(1160円)

福島県のシンボル・会津磐梯山に見立てて盛り付けたご飯に、猪苗代湖をイメージしたカレーがかかる。さらにジューシーで肉厚のカツがのる、ボリューム満点のひと品だ。

■ 東北道 安達太良SA(上り)「吾妻小富士メロンパン」(1個185円)

メロンパンの生地を使用しているため、外はサクッと中はしっとり。ウサギのように見える吾妻小富士の早春の残雪「雪うさぎ」をクッキーで表現した。同SAオリジナル商品。インスタ映え抜群の「山」メニューを、バッチリ撮影してたっぷり味わおう!【ハイウェイウォーカー編集部】