画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●開発中の最新技術がいち早く紹介される「Sneaks」

米国ネバダ州ラスベガスで開催されたAdobe Max 2017。初日、2日目に「General Session」という基調講演が用意されているほか、Adobeの各製品の最新情報や、クリエイターによるプレゼンテーションなど、クリエイティブに関する情報が活発に交換される。

今回は最大規模となる12,000人以上が参加し、購読型サービスへと移行しコミュニティを拡大してきたCreative Cloudの拡がりを実感させる熱気が伝わってきた。初日の基調講演は製品の紹介など、テクノロジーの話題が中心となるが、2日目はアーティストによるトークが準備されている。どちらかというと初日は左脳、2日目は右脳を使って、セッションを楽しむような構成だ。

今年は、陶芸家/デザイナーとして活動するジョナサン・アドラー、俳優/映画監督のジョン・ファヴロー、ナショナルジオグラフィックの女性フォトジャーナリストとして活躍するアニー・グリフィッツ、Uptown Funkが大ヒットしたDJ/プロデューサーのマーク・ロンソンが登場し、それぞれの作品制作やクリエイティブであること、テクノロジーとの関係性などについて語った。ちなみにマーク・ロンソンは2日目の夜に用意されている屋外パーティー、バッシュでもDJとして登場し、会場を大いに沸かせた。

2日目の夕方に基調講演会場で行われるイベントは、毎年多くの参加者が楽しみにしている「Sneaks(スニークス)」だ。来場者はビールを片手に着席し、Adobeで行われる様々な研究開発によって生まれた、まだ製品に実装されていない機能を、興奮を隠さず楽しむのだ。

Adobe Creative Cloud製品は、作品を制作するためのツールであり、多くの場合、1つもしくは複数のアプリを組み合わせて、画面上の編集作業によって作品を完成させる。大きなコンセプトで作り始めることもあれば、1ピクセルにこだわりながらの単純な作業を行うこともある。

Adobeは、同社の人工知能Adobe Senseiの技術群によって、クリエイターにとっての「作業」に分類される時間を大幅に短縮することを目指している。3時間かかっていた単調なタスクをAdobe Senseiが3分で済ませてくれる、そんな機能の実現をだ。Sneaksで披露されるテクノロジーも、Adobe Senseiとして将来実装されるかもしれない、単純作業をワンタッチで済ませる魔法のような機能ばかりだった。

●Sneaksで紹介された11のアイディア

今回は11つの新しい機能がSneaksで披露された。この一つ一つをチェックしていこう。今回Sneaksを一緒に楽しんだのは、米国のドラマ『シリコンバレー』にも登場し、自身もAdobeのウェブデザインツールDreamweaverを使っていたというクメイル・ナンジアニだった。

なお、プロジェクト名はハッシュタグになっており、Twitterでその反響を計測している。AdobeのYouTubeチャンネルでは、各プレゼンテーションをビデオにまとめているので、気になった作品があれば見てみて欲しい。

ProjectScribbler - 白黒のイラストをカラーにできる。膨大な人の顔などのデータを学習させてアルゴリズムを作り、イラストの形や濃淡に応じて最適な色を決定し、塗りつぶす。機械学習によって塗り絵を完成させることができるというイメージ。

SceneStitch - フォトストックサービスなどから、風景写真の選択領域に最適な要素を見つけ、合成する候補を挙げてくれる。例えば、公園の手前の住宅地を選択すると、湖やテニスコートなどを合成した画像を自動生成する。

PhysicsPak - ある領域を、あらかじめ選んであるシェイプで埋め尽くすことができるアルゴリズム。シェイプがお互いに重ならないよう向きを調整しながら大きさを拡大させていき、できた隙間も他のシェイプが当てはめられる。

PlayfullPalette - これまでのデジタルツールのカラーピッカーで実現が難しかった複数の色の中間色を、パレットの上で絵の具を混ぜ合わせる感覚で実現する。特にペイント系のユーザーにとっては喜ばれるアイディアだ。

SonicScape - VR向けの360度の映像と音声は別々の機材で収録することが多いが、その位置合わせを正確に行うことができるツール。映像の上に音を色でマッピングし、ビジュアルで音と映像の位置合わせを行える。

ProjectSidewinder - 再びVRに関する機能。固定カメラによる360度VR映像では、体が左右に傾いたりしゃがんだりすると、これまでの映像では視点の変化が反映されなかった。この機能では映像の深度を解析し、視点移動を映像に反映させられる。

ProjectLincoln - データビジュアライゼーションを非常に素早く行えるツール。データからビジュアルを考えてきたこれまでとは異なり、ビジュアルを考えてデータを当てはめるワークフローを、プログラミングなしで実現できる。

ProjectQuick3D - インターン生によるツール。Adobe Stockに収録されている3Dモデルを、簡単な手書きのスケッチで検索して呼び出すことができる。

ProjectDeepFill - コンテンツに応じて塗りつぶすPhotoshopの編集機能に、より深い機械学習によるコンテンツ分析を加え、一層、自然な仕上がりにすることができる。岩の丸い隙間をハート型にしても自然な合成が可能だった。

ProjectPuppetron - 元となるイラストを選ぶと、セルフィーやポートレート写真をそのテイストに変換してくれる。イラストや絵画だけでなく、銅像のようなマテリアルの質感に変換することもできる。

ProjectCloak - 写真では、Photoshopの「コンテンツに応じて削除」機能を使い、写真の前面にかかってしまった電柱や人を消すことができるが、これをAfter Effectsでビデオで実現しようというアイディア。1枚ずつのフレーム編集しなくても、連続的に消し続けてくれる。

●人によって、響く機能が異なる

Sneaksで紹介された11のテクノロジーは、おそらくAdobe社内で研究されているものの一部であり、アプリの機能として追加するもの、クラウド上での活用を想定しているものなど、さまざまだ。また、聴衆の受け取り方もまちまちである。どの機能を使ってみたいか、意見が分かれるところだ。

筆者は個人的には、データビジュアライズを行うProject Lincolnに惹かれた。数時間は軽くかかるようなインフォグラフィックの企画とレイアウト、デザイン要素の設計、データの適用といった作業を、非常に効率的かつ瞬時に行える仕組みだ。

Adobeはユーザー体験デザインを行う為のツール、Adobe XDを今年のAdobe Maxで正式版としてリリースした。このツールは単に画面デザインを作るだけでなく、全体の設計や整合性の確保、デザインを検討するためのコミュニケーションの機能に至るまでを実装している。コミュニケーションのためのデザインツールというコンセプトを前面に押し出すとき、Adobe XDのノウハウがデータビジュアライズのアプリに転用されることは、自然に思える。

また、筆者のTwitterで、Sneakのプレゼンを投稿していたところ、最も大きな反響があったのは、領域を選択したシェイプで埋め尽くすデザインを作成するPhysicsPakだった。返信やリツイートをしたユーザーの中には、「面倒くさくて取り組まなかったデザインが一瞬でできあがる」という意見があり、やりたいけれど時間がかかり過ぎる作業であったことをうかがわせる。

イメージと手間が一致しなかった作品の「手間」の部分をAdobe Senseiによって解決し、クリエイターの表現を制限から解放する、そんなAdobeの人工知能への取り組みが、実際のクリエイターにダイレクトに響いている様子を目の当たりにしたようだった。

Creative Cloud製品は、各アプリとも、随時アップデートされていく。年次イベントであるAdobe Maxを待たずに、新機能が実装されていくことも多いので、今回反響が大きかった機能が利用できるようになる日は意外と近いのではないだろうか。

松村太郎(まつむらたろう)1980年生まれ・米国カリフォルニア州バークレー在住のジャーナリスト・著者。慶應義塾大学政策・メディア研究科修士課程修了。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)、キャスタリア株式会社取締役研究責任者、ビジネス・ブレークスルー大学講師。近著に「LinkedInスタートブック」(日経BP刊)、「スマートフォン新時代」(NTT出版刊)、「ソーシャルラーニング入門」(日経BP刊)など。ウェブサイトはこちら / Twitter @taromatsumura