せっかく一度きりの人生、恋も仕事も満喫したい、幸せに生きたいと願うのは当然のことです。でもいろいろ頑張っているのに、なかなか報われない、いつも残念な結果に終わってしまう……なんて諦めていませんか。努力や根性だけで成功は手に入りません。大事なのは成功にたどり着くよう自分の脳をプログラミングすることです。

“成功脳”を手に入れるためのシンプルステップをご紹介!

1. いくつになっても新しいことにチャレンジし、自分の世界を広げる

大人になると頭が固くなって、新しいことが入ってこない……なんて思っていませんか? でも使わなければ脳もサビつくばかり。いくつになっても新しいことや未知の領域に興味を持ち、積極的にチャレンジしてゆくことで“学ぶ力”も衰えず、鍛えられてゆきます。資格・語学・あるいは趣味……どんな領域でも自分の世界を広げてゆくと、成功の種も育ちやすくなります。

2. 暮らしのなかにエクササイズや体を動かす習慣を自然に取り入れている

ずっと家に籠りっぱなし、座りっぱなしだと思考も煮つまり、いいアイデアが出てこなくなります。脳を活性化し、新しいアイデアや考えが欲しいと思うなら、とにかく体を動かしましょう。通勤中やお昼休憩中に歩いたり、走ったり、あるいは単純に心地よいと感じるエクササイズをぜひ日常的に取り入れてみてください。

3. 嫌なことや悲しいことがあっても、ネガティブに陥らず感情をコントロールする

成功者たちの多くは、いろんな局面でも自分の個人的な感情に流されず、自分を客観視することができています。誰かから文句を言われたり、ムッとしても露骨に嫌な顔をしたり、むきになって反論したりせず、その背後にある意図や言葉の意味をくみ取るクセをつけるようにしましょう。感情をきちんとコントロールする能力は、一人前の社会人としても欠かせないスキルです。

4. 決して思い上がらない! 毎日小さなことにも感謝できるココロをつくる

やっと思い通りの成果や成功をおさめられたとき、それを全て自分の力だと過信している人は成功も長続きしません。もちろん自分の努力もありますが、あなたに力を貸してくれた人や出来事が必ずあるはずです。それらに目を向け、謙虚な気持ちで感謝する気持ちをいつも持ちましょう。それが習慣化すれば、思考もポジティブとなり、さらにたくさんのことがうまくゆくようになります。

5. クヨクヨしたって始まらない! 落ち込まないで“スルー”できるスキルがある

成功体験が多い人は心が軽やかで、ハッピーなはず。逆になかなか成功を実感できない人は自分に厳しすぎる課題や目標を設定して、自ら悩みを深くしたり、劣等感を大きくしてしまっていることでしょう。小さな成功でも喜び、自信をつける……成功者たちはみな楽観的な考え方の持ち主です。失敗やミスを落ち込み過ぎず、スルーできるのも立派な能力のひとつと考えましょう。