あなたは1日何回、歯を磨いていますか? 忙しくて昼食後磨けなかったり、歯磨きする前に疲れて夜眠ってしまったり。歯の健康を保つために、1日何回歯磨きするのが正しいのか、まとめました。

80歳で20本以上の歯を保つために虫歯と歯周病を防ぐ

「食事をしたら歯を磨こう」というキャッチコピー、誰もが一度は聞いた事あるはず。一度、生え揃った永久歯は、生え替わる事なく一生使うものです。厚生労働省が推進する口腔ケア「8020運動」では、「80歳になっても20本以上、自分の歯を保とう」といわれています。この20本は、入れ歯無しにものを食べられる目安です。
2016年の調査では、80歳で自分の歯が20本以上ある人は、口腔ケアの認知が高まったこともあり5割以上にのぼったそう。その一方で、日本人の成人の8割が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は、口の中で細菌が繁殖し、歯茎を炎症させる病気。初期は自覚症状がありませんが、悪化すると歯茎以外にも炎症が広がり、歯が抜けてしまいます。歯周病は全身に影響を及ぼすことも知られており、脳梗塞や心筋梗塞など、脳や心臓の病気になるリスクを高めるという報告もあります。

回数よりも質 歯垢が落とせれば1日1回でもOK

では、歯の健康を保つためにも、できるだけ多く歯磨きを行った方がいいのでしょうか?

歯科医によると、歯の健康を保つために必要なのは、歯磨きの回数ではなく、質。1日に何度も歯磨きをしていても、歯垢が取れていなければ意味はないのだそう。逆に、しっかり歯垢が落とせているのであれば1日1回の歯磨きでもOK。ベストなタイミングは、夜寝る前です。就寝中は、唾液が減り、口の中の細菌が増える時間帯です。この時に歯垢があると、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。寝る前に口の中を清潔にして、就寝中の細菌増殖をできる限り抑えましょう。

正しい歯の磨き方をおさらい

歯垢をきちんと落とすには、正しい方法で歯磨きすることが大切です。歯磨きの仕方は小学校の時に習って以来という人も多いのでは、今一度、見直してみましょう。

<正しい歯の磨き方>

1、 うがいをする

2、 歯ブラシはえんぴつを持つように軽くにぎる。

3、 歯ブラシの表面を歯に当て、1箇所20回以上細かく動かし、歯1本1本を磨いていく。歯茎に近い部分は、歯茎に対して45度の角度で歯ブラシを当てて磨く。

4、 歯並びの悪いところや、奥歯で歯ブラシが届かないところは、極小のヘッドがついた歯ブラシ(タフトブラシ)を使って磨く。

5、 デンタルフロスなど、歯ブラシではない道具を使って歯間の歯垢を取る。

6、 うがいをして終了

きちんと磨くと20分はかかる

ひと通り、正しい歯磨きを行うと、20分くらいはかかります。長時間磨くことがよいとは限りませんが、丁寧に磨くことで歯垢の磨き残しが減る可能性は高くなります。慣れてくると時短も可能になります。

ポイントは、力を入れずに小刻みに歯を磨くことと、歯ブラシだけに頼りすぎないこと。どんなに丁寧に磨いても、普通の歯ブラシだけでは限界があります。タフトブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスなどのグッズを用いることで、磨き残りがぐんと減少します。手で磨くのはおっくうという人は、電動歯ブラシを活用してみましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと