「不思議の国のアリス」(1865年)の著者として知られるルイス・キャロルはペンネームで、本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドジソンだそうです。

前年の1864年に原型となった「地下の国のアリス」を友人の娘アリス・リデルに贈っており、手書きの本にはルイス・キャロル直筆の挿絵が描かれています。

オリジナルと呼ぶべき挿絵がどんなものなのか、ご覧ください。

 

image:The British Library Board


手書きの本「地下の国のアリス」。現在は大英博物館に収蔵。


アリスの首が伸びるシーン。


体が縮んだり大きくなったりも「不思議の国のアリス」と一緒。


自分の涙で生まれた池を、小さくなった体で泳ぐアリス。

[画像を見る]
助言をくれるキノコの上に乗ったイモムシ。キノコを食べることで体の大きさを調整できるように。

[画像を見る]
お茶会。

[画像を見る]
原作の時点でこんなに伸びていた首!

[画像を見る]
アリスと言えばトランプ。

[画像を見る]
癇癪持ちの女王。

ルイス・キャロルの画力の高さに驚きですね。

大英図書館に保存されており、公式サイトでスキャンされた画像をみることができます。
(Virtual books: images only - Lewis Carroll's Alice's Adventures Under Ground: Introduction)

ちなみにサルバドール・ダリもアリスの挿絵を描いています。
(サルバドール・ダリが「不思議の国のアリス」の挿絵を描くとこうなる)

【ルイス・キャロル本人が描いた「不思議の国のアリス」のオリジナルと呼ぶべき挿絵いろいろ】を全て見る