『ラグビーワールドカップ2019  日本大会』試合日程発表会の出席者一同

写真拡大

11月2日、『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』試合日程発表会が行われた。世界中のラグビーファンが心待ちにしていた試合日程とともにチケットの詳細が明かされたのだ。

【チケット情報はこちら】

全国12会場で44日間にわたって行われる全48試合は、2019年9月20日(金)・東京スタジアムでのプールA・日本代表×ヨーロッパ地区代表によってスタート。気になる日本のカードは次の通り。9月28日(土)・アイルランド戦・小笠山総合運動公園エコパスタジアム、10月5日(土)・ヨーロッパ・オセアニア・プレーオフ勝者戦・豊田スタジアム、13日(日)・スコットランド戦・横浜国際総合陸上競技場。

日本代表のゲーム以外にも、注目カードがズラリ。プールAは9月22日(日)・アイルランド×スコットランド・横浜国際、プールBは9月21日(土)・ニュージーランド×南アフリカ・横浜国際、プールCは9月21日(土)・フランス×アルゼンチン・東京スタジアム、10月5日(土)・イングランド×アルゼンチン・東京スタジアム、10月12日(土)・イングランド×フランス・横浜国際、プールDは9月29日(日)・オーストラリア×ウェールズ・東京スタジアムなどなど。

決勝トーナメントは10月19日(土)・20日(日)に東京スタジアムと大分スポーツ公園総合競技場で準々決勝、10月26日(土)・27日(日)に横浜国際で準決勝、11月1日(金)・東京スタジアムで3位決定戦、11月2日(土)・横浜国際で決勝がキックオフ。そう、『ラグビーワールドカップ2019 日本大会』試合日程発表会は決勝戦の丸2年前の今日に合わせて開催されたのだ。

気になるチケット料金は1000円〜10万円という幅広い価格帯で設定されている。プール戦の全40試合ではこども券(16歳未満)を用意。1000円、日本代表戦でも2500円で観戦できるのがうれしい。大人の最低価格は2019円と、シャレも利いている。また、試合が開催される会場ごとにセットになったスタジアムパック、各代表チームのプール戦すべての試合を観戦できるチームパックというセット券も販売。

発売日はセット券が2018年1月19日(金)に先行抽選販売、1月27日(土)に一般抽選販売、通常チケットは2018年2月19日(月)から各種先行抽選販売が順次スタートし、9月19日(水)に第一次一般販売(抽選)、2019年1月19日(土)に第二次一般販売(先着)が開始。公式チケットサイトは、ぴあ及びTicketmasterにより運営されている。

2年後のプールA突破を狙う日本代表は11月4日(土)・日産スタジアムにて『リポビタンDチャレンジカップ2017』オーストラリア代表戦に臨む。2年後の『ワールドカップ』に思いを馳せつつ、まずは2日後に迫った大一番を目撃したい。チケット発売中。